イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#625 Jazz Immortal/Clifford Brown (Pacific Jazz)

Clifford Brown - Jazz Immortal

A
1.Tiny Capers
2.Gone With the Wind
3.Finders Keepers
4.Blueberry Hill

B
1.Joy Spring
2.Bones for Jones
3.Bones for Zoot
4.Dahoud

Clifford Brown (tp) Zoot Sims (ts) Bob Gordon (bs) Stu Williamson (v-tb)
Russ Freeman (p) Carson Smith (b) Joe Mondragon (b)
Shelly Manne (ds)

Rec-1954



このブログも結構長いこと続けているけれど、クリフォード・ブラウンのリーダー作を取り上げるのは今回が初めてです。何度かチャレンジしようと思ったのだけれど自分がどうこう云うのも気が引けるというか、あまりに超然としていて言葉が出てこない。なので躊躇していた期間が長かったのだけれど、いつまでも聴かないわけにもいかないので敢えて今回取り上げてみました。実はまだまだリーダー作を取り上げていないジャズ・ジャイアントも結構いたりします。例えばアート・ペッパーとか。

不慮の事故によって活動期間の短いクリフォード・ブラウンですがリーダー作を数えればそこそこの枚数があります。その数が多いか少ないかを感じるのは人それぞれですが、前述の感想の通り自分はそこそこの枚数があるなぁと思っています。勿論もっともっと沢山の作品を残してくれていたらどんなに素晴らしい未知の名盤が生み出されたかという期待も持てますし、そうあってほしいなぁとは思います。理想と現実が常に一致すればこんなに嬉しいことはないのですがねぇ。で、そこそこあると感じている作品群の中からストレート勝負で名盤の誉れ高いエマーシーの諸作からにするか、それとも変化球を投げてみるか、あーだこーだやっていて最終的にこのブログらしく変化球(?)を投げてみる。とは云え脇役も泣く子も黙る名手ぞろいに間違いないのですが。ちなみにこの盤はエマーシーの諸作とほぼ同時期の録音です。

このアルバムはメンバーやレーベルからも解る通りブラウンのミーツ・ウェストもので、重厚なアンサンブルにのせてブラウンのペットが唱いまくる好内容の一品です。一応ズートの名も冠されていますがそれほどの露出でもないと思います。ブラウンの加わらないB-3でズートをフィーチュアしているのですが個人的にはあまりズート自身の演奏には耳が行きませんでした。どちらかと云えば音的な意味合いが強いのかもしれませんがボブ・ゴードンのバリトンの方が耳に憑きます。それとラス・フリーマンのピアノも結構効いています。何層にも重なるアンサンブルをバックに従え、ソロをブラウンに集中させ滔々と流れる川のような滑らかなトランペットが存分に堪能出来ます。火の出るようなソロというよりも大らかさが心地よく、泰然自若とした風格は24歳にして既にどっしりとした貫禄まで漂わせます。自信に満ち溢れたソロを聴いていると、やはり早すぎる死によって可能性を摘まれた儚さと、聴く側の無い物ねだりの欲求が頭をもたげてきていけないですね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/05(火) 19:14:45|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#626 Gently Disturbed/Avishai Cohen Trio (Razdaz-CD) | ホーム | #624 What Happened ?/Alex Riel Trio (Cowbell Music-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/647-d98a1056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。