イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#678 Inner Voyage/Gonzalo Rubalcaba (Blue Note-CD)

Gonzalo Rubalcaba - Inner Voyage

1.Yolanda Anas
2.Promenade
3.The Hard One
4.Sandyken
5.Here's That Rainy Day
6.Caravan
7.Joan
8.Blues Lundvall
9.Joao

Gonzalo Rubalcaba (p) Jeff Chambers (b) Ignacio Berroa (ds)
Michael Brecker (ts→only3,8)

Rec-1998



ゴンサロ・ルバルカバのアルバムも他の近年に活躍しているアーティストと同様殆ど聴けていません。彼のデビュー時の賞賛を持って迎えられた頃には作品を体験していますが、その後当方がジャズから遠ざかっていました。何度も述べているのですが、ここ十数年のジャズのアルバムを今になって全て後追いで追っかけているのですが、予算的にも限界を超えてしまって聴けるのもかなり限定的になっています。しかもどんどん廃盤になるので触れず仕舞の作品がゴロゴロしており半ば諦めてもいるのも事実です。気になる作品に出会えても既に入手困難、こんな作品だらけなので遡ろうとしてもかなり無理があることも承知しているのですが。そんななか、有名なアーティストや大きなレーベルは廃盤になるサイクルが弱小レーベルのアルバムよりも長いので遡って聴く身分としては大変助かっています。そもそもブルーノートが大きなレーベルというのもなんか抵抗があるのですが。

この作品も10年前のものですが何とか新品で手に入れることが出来ました。マイケル・ブレッカーが参加していたので取り寄せてみました。リーダーよりサイドで選んでしまったというのが本音なのですが、2曲のみの参加だったことを入手後に理解するのは毎度のことながら苦笑いします。

聴いてみてこんなに端正な弾き方をするピアニストだったかしらん、と考えて込んでしまいました。丁寧なタッチで淡々と弾かれる音色は悪くないのですが、何となくもの足らなさも感じます。と思ったらマイケル・ブレッカー参加の3曲目で気合いの入った演奏が飛び出してきたので小躍りしてしまいました。コレコレ、期待していたのはこういう演奏でタイトル通りハードな一撃を食らって大満足です。と思えばまた端正なピアノ・トリオに戻ります。透明感さえ漂わせた演奏はかなりイメージとは違っていて意外でしたが、なかなか情感の籠ったリリシズムは彼の別の一面を見たような気がします。思いのほかクールな6曲目の「キャラヴァン」にオッと思えば後半は完全にラテンに変身したりとなかなか面白い解釈です。8曲目はブルーノートの社長であるBruce Landvalに掛けているようですね。ブレッカーの加わるカルテットは一転してアグレッシヴでカッコ良く、テンションの高さとゴリっとした質感は最高です。

期待通りのブレッカーと、知らない一面を垣間見たようなルバルカバのトリオの対比が面白い一作となりました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/27(土) 16:41:14|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#679 L'amour Dans L'ame/Luigi Trussardi (Elabeth-CD) | ホーム | #677 Hommage to Africa/Sunny Murray (BYG)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/668-01a8aab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。