イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#648 Another Opus/Lem Winchester (Status)

Lem Winchester

A
1.Another Opus
2.Blues Prayer

B
1.The Meetin'
2.Like Someone in Love
3.Both Barrels

Lem Winchester (vib) Frank Wess (fl) Hank Jones (p) Eddie Jones (b)
Gus Johnson (ds)

Rec-1960



レム・ウィンチェスターのことは殆ど知らない。なので本日は色々とウェブで調べものです。彼の名で検索しネットを徘徊して解ったのは、やたらミルト・ジャクソンの名前が散見されること。またその絡みでタイトルからミルト・ジャクソンの1955年発表の『Opus de Jazz』(Savoy)と、このアルバムとの関連性に気づく。そしてミルトのその作品とサイドメンがほぼ同一ミュージシャンであることを認識した次第です。ミルトから5年後のこの作品では、ドラマーのケニー・クラークが既に渡欧していたのでガス・ジョンソンが変わりに務めています。ここまできてやっと二つの作品の繋がりを理解するとは、相も変わらず己の頭の回転の悪さは絶好調なことを痛感します。

A面の2曲とB-3の併せて3曲がウィンチェスターのオリジナル。快調にスウィングするウィンチェスターのヴァイヴに軽快なウェスのフルートが絡む様は実に楽しく、ミルトの作品を多分に意識した内容はジャズの楽しさが爆発した好演奏を繰り広げています。どこまでも堅実で見事なプレイのハンク・ジョーンズは何時聴いても安定感があり、エディ・ジョーンズのベースはムチムチしています。ガス・ジョンソンのドラムも的確で、派手さはないですがしっかりと屋台骨を支えます。

レーベルに関してですが、このアルバムはNew Jazzの一作としての発売だったようで、当方の手元にあるのは廉価再発レーベルのStatus(ステイタス)から復刻というかたちでリリースされたものと思われます。それと調べものでもう一つ解ったことは彼の生涯が33年間しかなかったこと。このアルバム以外に彼のリーダー作を知らないなぁと思っていたので、この事実を知りその現実に結びつきました。この作品の翌年の1961年に出演中のクラブでなんとロシアン・ルーレットで亡くなられたそうな。しかしながら往年のジャズマンはなんという無茶をやらかすんでしょうかねぇ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/28(木) 21:31:32|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#649 Blue Lights Volume 1/Kenny Burrell (Blue Note) | ホーム | #647 Blue Sphere/Thelonious Monk (Black Lion)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/675-a85b31ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。