イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#64 Pop Wine/Ted Curson (Futura)

Ted Curson


A
1.Pop Wine
2.I.s.d. Takes a Holiday
3.Song of the Lonely One

B
1.Quarter Latin
2.Flip Top

Ted Curson (tp,piccolo-tp) Georges Arvanitas (p) Jacky Samson (b)
Charles Saudrais (ds)

Rec-1971



このA面の全体に漂う格好よさは何だろう?霧の中から徐々に輪郭が見えてくるような、そんな雰囲気。若干エコー掛かったストレートな音色のトランペットが聴き手に突き刺さってきます。ペットの音を引き立たせるためにアルバニタのピアノがギンギンに煽り立てているのが聴いていて気持ちがいいです。アルバニタも同じレーベルから『Georges Arvanitas Trio in Concert』(Futura)という大名盤を吹き込んでおり、このカーソン盤でも絶好調です。B-1の構成などはちょっと奇を衒い過ぎた感もありますが熱い演奏は最後まで続いていきます。

テッド・カーソンはアメリカのトランペッターで、ミンガス、ドルフィー、セシル・テイラーといったツワモノと競演してきました。その後ヨーロッパに移住して、後にアメリカにまた戻るといった形で活動していたようです。このアルバムは1971年にパリで録音されています。

全体的に云えることと思いますがこの時期(60年代後半~70年代前半)の吹き込みはダークでスリリングなものが多く、正直聴いていて疲れるものもありますが、そういう作品群の中から自分のツボにはまる名盤を見つけることはジャズファン冥利に尽きる悦びであります。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/25(月) 00:00:16|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#65 You've Changed/Michael Garrick Trio with Don Weller (Hep) | ホーム | #63 Sunday Walk/Jean-Luc Ponty (MPS)>>

コメント

Pop Wineとは!

こんにちは、ぬどいさん。
Pop Wineとはなかなかニッチなアルバムの推薦ですね。
「おっ」と思わせていただきました。
私もこの作品が好きでオリジナル盤が欲しくて探していましたが、フーツラ盤は結構高くて手を出しかねていました。
その後フーツラ盤を澤野さんが復刻しておられたので、何とかならないかとお願いしてようやく手に入れました。
テッド カーソンて、たまに聴きたくなるんですよね。
また、おっと思わせるアルバムの紹介をお願いします。
  1. 2006/12/26(火) 01:44:19 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

コメント有難うございます。

>>Sonnyさん、はじめまして。
このアルバム好きなんですよ。このアルバムのカーソンとアルバニタの音には小生も聴くたびに鳥肌が立つ興奮を食らわされております。Futuraはジョン・サーマンやヨアヒム・キューン、バートン・グリーンあたりの、どちらかというとニュー・ジャズ系が多いですがラインナップは興味深いですよね。蛇足ですが”pop wine”の批評を内田修氏が詳しく解説されております。小生の駄文とは違い、背景が伝わる名論評が全8ページでアップされておりました。参考にどうぞ。http://www.uchida-jazz.jp/DrJazz/tyosaku/linernotes/0512ted.html
  1. 2006/12/26(火) 16:16:23 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/68-c345e2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。