イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#660 Earfood/The Roy Hargrove Quintet (EmArcy-CD)

Roy Hargrove - Earfood

1.I'm Not so Sure
2.Brown
3.Strasbourg / St. Denis
4.Starmaker
5.Joy is Sorrow Unmasked
6.The Stringer
7.Rouge
8.Mr. Clean
9.Style
10.Divine
11.To Wisdom The Prize
12.Speak Low
13.Bring it on Home to Me

Roy Hargrove (tp,fl-h) Justin Robinson (as,fl) Gerald Clayton (p)
Danton Boller (b) Montez Coleman (ds)

Rec-2007



ロイ・ハーグローブに関してはもっとバリバリと吹きまくるタイプのトランぺッターではないのかと勝手に想像していたのですが、この近作を聴いてみると比較的冷静にブレス・コントロールされた表現方法や楽曲にもジャズっぽくないウィットに富んだものなどがあり、そういった彼の一面に初めて触れてみて、こちらがイメージしていたものと違っていたので戸惑ってしまった。というのも再三表明している通り、いまや中堅と云われるミュージシャンでも当方のジャズのブランクにスッポリと当て嵌まっていて未だに彼らの残した殆どの作品を聴けておらず、遅ればせながら遡って辿っていこうとしている人間であるので基本的な知識に乏しく、己の妄想のみで作り上げていたイメージであったため実態は本質を全く掴んでいません。このアルバムが新譜でリリースされるタイミングに合わせて本格的に聴いてみようと思ったので、彼のリーダー作に接したのもコレが初めてであり上記のような感想になりました。ただイメージと違うからといって内容に不満があるという訳ではなく、当方の違う部分のツボが刺激されてなかなか興味深く聴かせてもらいました。

アルト&フルートを加えたクインテットでの演奏で、前述の通り火の出るソロ応酬ではなくどちらかというとハーモニーを第一に置いたプレイのように感じられます。でも個人的にはこのラッパの音色はストライクですね。眉間に血管の浮き出るような壮絶なプレイも刺激的で大好きですが、ゆったりと構えた大らかな音色というのも聴いていて気持ちのいいものです。脇を固めるサイドメンに馴染みのあるミュージシャンがいないのですが、ホーンのジャスティン・ロビンソンは崩しの少ない解り易いフレーズを奏でます。ジェラルド・クレイトンのピアノはほんのりとアーシーさも含んでいるように感じられリズミックに響きます。そしてモンテス・コールマンのスコーンと抜けるスネアが印象的です。

このアルバムのジャケ裏に "In Memory of Bob Popescu 1930 - 2008"という記述がありました。ちょっとウェブで調べてみたらバーのオーナーのようで年初に77歳で他界されたとの記事がありました。ハーグローブが彼に捧げたアルバムなのでしょうか。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/09(火) 23:57:34|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#661 Maryland/Maria Kannegaard (Moserobie-CD) | ホーム | #659 Once Upon a Time/Earl Hines (Impulse)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/684-ee69d348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。