イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#661 Maryland/Maria Kannegaard (Moserobie-CD)

Maria Kannegaard - Maryland

1.Sjufire
2.Ruslende
3.Ballade 1
4.Av Veien
5.Bethesda
6.En Talmodig Sjel
7.Ballade 2
8.Hit og Dit - Ingen Hast
9.Forste Vake
10.Year, Year

Maria Kannegaard (p) Hakon Kornstad (ts) Ole Morten Vagan (double-b)
Hakon Mjaset Johansen (ds)

Rec-2007



デンマーク生まれでノルウェーで活躍する女流ピアニスト、マリア・カンネゴールのテナーを据えたカルテット作品。「北欧」や「女性」から連想するキーワードは当方の場合は「静謐」。しかし購入前にチェックしたMP3は異様なサウンドを醸していました。こりゃ是非とも全てを聴かねばならぬと義務感が生じ取り寄せてみました。これはMoserobieから出た彼女の三枚目のリーダー作。つい最近発売されたのですが昨年初旬に録音され今年初旬にミックスされたもの。実はこれまたつい最近に四枚目のアルバム『Camel Walk』(Jazzland)もリリースされ、こちらはピアノ・トリオなのですがやはり一筋縄でいかない個性的な作品に仕上がっていました。よく考えればMoserobieというレーベルはトランぺッターのマグヌス・ブルーや彼も参加するAtomicなどの作品を抱えており、一般的ヨーロッパ・ジャズのイメージから一線を画する骨太のゴッツイ演奏を聴くことが出来るアーティストを列挙することが出来るレーベルであるので、これをふまえれば彼女の作風はこのレーベルに合致しているといっても過言ではないようです。

メンバーはテナーで参加しているホーコン・コーンスタは知っていますがベーシストとドラマーは初めて聞く名前でした。ただベーシストはACTレーベルから発表された一作目を除く彼女の二作目から最新作まで共演しています。殆どが彼女のオリジナルで5曲目のみベーシストの作品。とにかく一曲目の出だしから強烈で女性らしからぬゴツゴツしたサウンドに度肝を抜かれました。かなり自由度の高い演奏で複雑なリズムに絡み合って進んでいくブロック・コードと執拗に繰り返されるリフでメッタ打ちにあいます。混沌とした雰囲気が全面に出ており脳内にドーパミンが溢れ出てきます。情報が少ないのでウェブで調べると彼女はジェリ・アレンやハービー・ニコルスを崇拝しているようで、ニコルスの名前を見た時に「なるほど、そういうことか」と合点がいきました。とにかく岩石落しのような演奏と情念が籠ったかのような静かに爆発する怪しげなメロディが交互に編まれており、コーンスタの法則のないテナーがリズミックに放射されます。その効果をさらに倍増させるのがリズム陣が繰り出す不規則なビート。触れると静電気が起きるかのようなピリピリした神経質なパルスは興奮の坩堝に引きずり込んでくれます。

時折見せるフリー・アプローチやヒンヤリと冷たく一切の甘さを排除した演奏は当方の生温い想像を嘲笑うかのように一徹で、強烈なインパクトを持って屹立しています。決して耳馴染みの良い音とは言えませんがこの世界は当方の胸ぐらをむんずと掴んで離してくれません。万人向きとは云えませんがかなり衝撃を受けた一枚になりました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/10(水) 23:18:23|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#662 Plays Stephane Grappelli/Florin Niculescu (Blujazz-CD) | ホーム | #660 Earfood/The Roy Hargrove Quintet (EmArcy-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/686-ecb21f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。