イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#664 Night Crawler/Sonny Stitt With Don Patterson (Prestige)

Sonny Stitt - Night Crawler

A
1.All God's Chillun Got Rhythm
2.Answering Service
3.Tangerine

B
1.Night Crawler
2.Who Can I Turn to ?
3.Star Eyes

Sonny Stitt (as) Don Patterson (org) Billy James (ds)

Rec-1965



あんまり続けて同じアーティストの作品を取り上げることは、同タイトルで続編とハッキリ判るような明らかな組ものの時以外やらないのですが、昨日聴いていた『Night Letter』(Prestige)と対比させるには興味深い作品が手元にあるので今日はこちらを取り上げてみます。この両者のアルバムには共通項と相反する違いが混在し、果たして制作者側としてはシリーズの一環とした意識下にあって制作したのか、それとも、数作りゃ似るものぐらいあるだろ的なものなのか。まわりくどい言い回しで恐縮ですが自分としては何のことはない後者であろうと推察します。以下勝手な考察。

まずアルバム・タイトルが似ている。単に両者に"Night"という単語が入っているだけですが。しかもどちらも収録曲をアルバム・タイトルに冠しているだけですので作品のコンセプトとしての筋として考えるにはあまりに心許ないし無理があるような気がしました。そしてオルガン入りである。昨日の『Night Letter』はカルテット、このアルバムはギターの抜けたトリオです。一番興味深いのはスティットの扱う楽器が違うこと。ほぼテナーに専念している「ナイト・レター」に対しアルト専念の「ナイト・クローラー」。そして決定的なのが録音年がずいぶん離れている。前者は69年、このアルバムは65年。まぁややこしい方面にわざわざ持っていかなくても比較するには面白そうな素材かなぁと漠然とは思っていました。

さてこのトリオもなかなか良いですね。プレスティッジに沢山作品を残しているドン・パターソンを相棒に迎えた一品で、「ナイト・レター」よりもグルーヴ感がありパワフルで、ギタリストのいないぶん演奏も濃密でウネっています。スティットのアルトは節回しが軽くスピーディーでやっぱりこの人はうまいですね。とにかく軽快で前日のような情緒的な側面よりも、よりテンポ良くノリを考えて演奏されていて爽快です。パターソンのオルガンは前日のジーン・ラドウィックに比べても豪快且つ奔放。主張を止めないオルガンは主役に躍り出るかのような楽しさで、音を細切れに発射するかのような奏法は耳に憑きます。もう一人、ビリー・ジェームスのドラム。シンプルながらも手数の多さと派手さで演奏にマッチしており、大いなる盛り上げ役としてなかなかの存在感です。

しかし前日の夜のムードはどこへ行ったのか。B-2以外は実に激しく楽しいサウンドで両者のアルバムには何の接点もないことを証明するに足る演奏ですね。まぁオルガンだけをとっても以前からパターソンと複数録音していたり、他にはジャック・マクダフとの共演もありますしね。スティットの「無理矢理ややこしくして、いつもくだらねぇことばかり考えてんじゃねーよ」と云わんばかりの演奏に「はぁ、すみません」と謝ってしまいそうです。でも対比の素材としては結構おもしろかったですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/13(土) 23:26:56|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#665 Oasis/MIlan Jazz Quartet (Dire) | ホーム | #663 Night Letter/Sonny Stitt (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/689-6d5211ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。