イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#671 Brandeis Jazz Festival/Orchestra Conducted by Gunther Sohuller and George Russell (Columbia)

Brandeis Jazz Orchestra

A
1.All About Rosie
2.On Green Mountain
3.Suspensions

B
1.Revelations (First Movement)
2.All Set
3.Transformation

Art Farmer (tp) Louis Mucci (tp) jimmy Knepper (tb) Hal McKusick (sax)
John La Porta (sax) Robert Di Domenica (fl) Manuel Zegler (bassoon)
James Buffington (fr-h) Bill Evans (p) Teddy Charles (vib) Margaret Ross (harp)
Barry Galbraith (g) Joe Benjamin (b) Teddy Sommer (ds)

Rec-1957



或る本にこのアルバムが載っていた。またかとお思いかも知れませんが「見たことあるなぁ」で棚を探し始めた。結構時間をかけて見つけ出す。当然内容が全く頭に入っていない。ビル・エヴァンスが入っているなぁ、から始まりハル・マクシック?ジョン・ラポータ?なんとなーく音が見えてくるなぁ、と思いつつひょっとしたら退屈かも?に変わっていく。それと同時にガンサー・シュラーとジョージ・ラッセルの名前でかなりの輪郭が見え、おおよその見当がついてくる。トドメに現代音楽の作家の曲を取り上げているということで、自分には厳しい内容であろう予想がハッキリと見えてきた。このアルバムはなにやらビル・エヴァンスを冠にしてジャケを改変し、ドン・エリオットのNewport Jazz Festivalでのエヴァンスが参加している3曲の音源と、この作品の6曲とカップリングして全9曲にし『Bill Evans and Orchestra』(Gambit)というCDで発売されているようです。やっぱりエヴァンス名義だとある程度売れるんでしょうね。

ジャズはジャズらしく演って欲しい人間であるので、デカい編成ならば豪快にドバァっと食らわして欲しい。ハラハラするような猛烈にスリリングなものを食したいのであります。だから編成がデカくてもジョン・ルイスのサード・ストリ-ム・ジャズのようなものには食指が動かないのです。というわけでこの作品は自分の趣向から離れたものでありました。演奏の内容をとやかく云うのではなく、あくまで自分の興味の範囲外にある音楽という意味です。

これはブランダイズ大学の委嘱によりジョージ・ラッセルとガンサー・シュラーが主導した演奏であるようです。ジャズ・フェスと銘打っていますがいわゆるライブものとは一線を画しています。ラッセルのA-1、シュラーのB-3、現代音楽作家(ハロルド・シャペロ&ミルトン・バビット)のA-2,B-2、ジミー・ジュフリーのA-3、ミンガスのB-1の全6曲。駄耳で聴いた印象を表せばジャズというよりもアレンジを重視したり、不協和音を前面に出した現代音楽、それにクラシックの要素を感じさせるような演奏です。先に挙げたジョン・ルイスが目指したものに重なる感覚があります。フリー・ジャズには食いつく自分ですが、この手のものにはなかなか歩み寄れない厚い壁があります。ただハッとさせるフレーズやジャズらしく響かせるセンテンスが一瞬現れて注意を惹き付けられる部分があることもしばしばですが。この手の演奏を理解出来る日が当方にやってくるのでしょうか、本音は自信が全くないのですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/20(土) 23:25:48|
  2. Modern Big Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#672 Bossa Nova Bacchanal/Charlie Rouse (Blue Note) | ホーム | #670 Night Sounds/Toni Sola & Ignasi Terraza Trio (Swingfonic-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/694-e9412d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。