イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#673 Greek Cooking/Phil Woods (Impulse)

Phil Woods - Greek Cooking

A
1.Zorba the Greek
2.A Taste of Honey
3.Theme From Antony & Cleopatra
4.Got a Feelin'

B
1.Theme From Samsom & Delilah
2.Greek Cooking
3.Nica

Phil Woods (as) Chet Amsterdam (el-b) Souren Baronian (cl,cymbals)
William Costa (accordion,marimba) Iordanis Tsomidis (buzukie)
Stuart Scharf (g) Bill LaVorgna (ds) Seymour Salzberg (perc)
John Yalenezian (dumbeg) George Mgrdichian (oud) Norman Gold (arr.,cond.)

Rec-1967



このレーベルのラインナップの広さと云うか、様々なカラーを持った作品が出てくることに面白さを感じてしまいます。これは何も水準が高いとかそういう意味で云っているのではありません。いろんな側面を魅せているこのレーベルのこれもまた一端なのでしょうね。インパルスの作品群から考えればガボール・ザボあたりのテイストに似通ったものを発散しているように感じられます。

「グリーク・クッキング」と銘打たれたフィル・ウッズのこのアルバム。ギリシャ風に料理されたジャズと考えても宜しいのでしょうかね?同名曲がB-2に収録されています。フィル・ウッズ以外のアーティストを知りませんし民俗楽器の類いも複数使用されています。その多数は地元のミュージシャンなのでしょうか。

そもそも民俗臭の強いジャズは当方の大好物であります。ただそこには「ジャズ」というキーワードを含むことが大前提になります。そういう意味ではこの音楽はジャズというよりもモロにそのサウンドではないのか?ジャズ的な要素がかなり希薄でフィル・ウッズのアルトのフレージングでジャズ・ミュージシャンが加わっていることを認識させるくらいのシロモノです。ギリシャの音楽というものを目の当たりに体験したことがなく、ここで展開されているものがトラディショナルに近いものであるのであれば、サウンドは中近東の香りがタップリと放たれているような感じがしました。約3年前に隣国のトルコに行ったことがありますが、若干の違いがあるのかも知れませんがそういえば共通の香りのする音を耳にしていたことを思い出します。やはりどうやってもジャズというよりも民俗音楽そのものに聴こえ、強烈なエキゾチックさとその上で踊るウッズのアルトという構図が成功しているのか、それとも云うほどのものでもないのか難しいところです。

個人的にはジャズ的な芳香が感じられない作品でしたので期待ほどの刺激を受けられなかったのですが、当地のトラディショナルな音楽として聴けば意義深いものだと思いますねぇ。なんだかマクラフリンのシャクティものを聴いているような感覚になりました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/22(月) 20:08:48|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#674 Groovin' With Junior/Junior Mance (Sackville-CD) | ホーム | #672 Bossa Nova Bacchanal/Charlie Rouse (Blue Note)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/696-5fd989af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。