イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#681 Lennie Niehaus, Vol.4 : The Quintets & Strings (Contemporary)

Lennie Niehaus Vol.4

A
1.All the Things You are
2.My Heart Stood Still
3.Easy Living
4.If I Should Lose You
5.More Than the Blues
6.Full House

B
1.Rondo
2.Star Eyes
3.Lens
4.Cross Walk
5.Troubled Waters
6.Just One of Those Things

A-1,A-3,B-1

Lennie Niehaus (as) Monty Budwig (b) Shelly Manne (ds)
Thomas Hall (viola) Christopher Kuzell (viola) Barbara Simons (viola)
Charlotte Harrison (cello)

A-4,A-6,B-2,B-4,B-5

Lennie Niehaus (as) Bill Perkins (ts) Bob Gordon (bs) Monty Budwig (b)
Shelly Manne (ds) Thomas Hall (viola) Christopher Kuzell (viola)
Barbara Simons (viola) Charlotte Harrison (cello)

A-2,A-5,B-3,B-6

Lennie Niehaus (as) Stu Williamson (tp,v-tb) Hampton Hawes (p)
Monty Budwig (b) Shelly Manne (ds)

Rec-1955



どちらかと云えば苦手な部類に入るウェストコースト・ジャズで、レニー・ニーハウスもやっぱりあまり得意ではないミュージシャン。さらに食指が動かないストリングス入りと云う、当方にとっては難敵であることがたやすく想像出来る作品です。拷問とまでは云いませんが果たしてどうでしょうか。ヴォーカルのストリングスものは問題なく聴けるのですが、インストものでは過度の甘さが演出されるようで苦手なのです。そんなわけで持っていても聴かないレコードの部類にどうしても入ってしまいます。依って内容も殆ど覚えていませんでした。

このアルバムは3つのセットから成り、4曲の二管クインテットに3曲のアルト・トリオ+ストリングス、5曲の三管クインテット+ストリングスという編成です。内容は想像出来た通り軽快なアンサンブルとソロまわしにストリングスが装飾するという典型的なサウンドが飛び出してきました。が、思ったよりも楽しむことは出来ています。まずストリングスが4人という小編成であるので軽い味付けになっているのが自分には助かっているようです。またクインテットのみの4曲がアルバム全体からメリハリを与えた存在になっていて、曲によっては意外と熱のこもったソロを繰り広げてくれていること。特にラストのB-6のニーハウスのアルト・ソロはモンティ・バドウィッグとシェリー・マンのスピーディなリズムに乗せてかなりの熱演であり、自分の先入観タップリのアイロニーをぶち壊すに値するホットなソロでした。

とは云えやっぱり当方の主食にはならないジャズであることに間違いはなく、たまに取り出して再発見するようなタイプのレコードであることは今後も変わらないようです。馬齢を重ねていけば理解出来る時期が来ることがワタシにはあるのでしょうか。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/30(火) 21:22:38|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#682 Cabin in the Sky/Curtis fuller (Impulse) | ホーム | #680 Awake/Miguel Zenon (Marsalis Music-CD)>>

コメント

strings

チャーリー・パーカーのウイズストリングスを
聞いたときの印象を思い出します。

ジャズと弦楽器のコラボは買うまいと
決めていたのに、何かにこれは名盤ですと
書いてあると聞いてみようと思う
自分に嫌気が差します。

でもニーハウスもパーカーも好きです。
  1. 2008/10/14(火) 14:21:22 |
  2. URL |
  3. granpa66 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

granpa66さん、はじめまして。

>何かにこれは名盤ですと書いてあると聞いてみようと思う

この部分にもの凄く共感してしまいます。選ぶのは自分ですがやっぱり実際に聴いてみないとねぇ。聴いてみて初めて知る素晴らしさと、その良さを知らずに通リ過ぎることへの後悔が天秤となって手を出すんですよね。自分自身の経験では8:2くらいで失敗するんですが、2に賭けてみたくなるんですよねぇ。全く懲りない人間です。
  1. 2008/10/14(火) 20:59:22 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/702-ac285068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。