イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#67 Pinky/Pinky Winters (Vantage)

Pinky Winters

A
1.Little Girl Blue
2.The World is Your Balloon
3.Darn That Dream
4.But Not for Me

B
1.These Foolish Things
2.This Can't be Love
3.Cool Sazerac
4.How About You?

Pinky Winters (vo) Bud Lavin (p) Jim Wolf (b) Stan Levey (ds)

Rec-1954



昨日『ジャズ批評』の最新号(135号)を購入してきました。特集は『愛しの10インチ盤』。132号でEP盤の特集があったのでレコードのサイズでの特集は完結ということでしょうか。

ジャズ批評 135号


『ジャズ批評』誌は小生が唯一現在まで継続して購入しているジャズ雑誌で、十数年前まではSJ誌もJL誌も購入しておりましたが、部屋のキャパの問題、金銭的な問題、内容的な問題等々でジャズ関係の雑誌は『ジャズ批評』のみになりました。昔は様々な雑誌をかなり買っていましたが、ネットで代用できる時代になったので買うものも殆どなくなったような状態です。浮いた金でコレクションが充実するかと云えば、そうじゃないところが面白いですね。どこに消えるんだろう・・・?

当方が『ジャズ批評』を買い出したのが45号前後の頃でしょうか。この頃から内容量が一気に増えて書籍が分厚くなりました。その後持っていなかった号をネットでコツコツと集めていって、創刊号と2号以外は別冊も含めて全て揃いました。(全くジャズに関係ない別冊ものは購入していませんが。)

創刊当時の『ジャズ批評』は60ページ程度の小冊子で、『JJおじさん』こと植草甚一氏や油井正一氏、平岡正明氏、白石かずこさん等、おっさんの私には懐かしい名前が並んでいます。創刊号~20号ぐらいまでは、小生の凡庸な頭には論評が非常に難解でしたがそれ以降の号はテーマを絞っての特集が増え比較的読みやすくなり、小生が資料(参考書)として使い倒したのは40号~60号ぐらいの時期のものです。個人的にジャズに一番入れ込んでいた時期と一致します。この頃に年代別や楽器別などの現在のスタイルの特集が確立したと思われます。

隔月刊となって早2年半ですか・・・。創刊が1967年ですから40年もの間、続けられているのは凄いことだなと思ってしまいます。SJ誌はさらに長いですが、ジャズ喫茶の同人誌的なものから始まった『ジャズ批評』のこの年数には感服してしまいます。

当方の所有するレコードは10吋盤はあまり無いのですが、上記の盤をセレクトしてみました。過去に再発された国内盤ですがコレが素晴らしいヴォーカルなのです。甘い声に骨抜きにされること請け合いで、いい曲を取り上げています。10吋なので両面8曲で20分ちょっとの内容なので物足りなさでじらされている感じです。その後、未発表曲7曲を加えた計15曲の体裁で12吋盤をリリースしているようです。未聴なので是非聴いてみたいものです。

しかし、10吋盤はターンテーブルの上では扱いにくいですね!取りにくくてしょうがない・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/28(木) 01:15:04|
  2. Vocal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#68 Dick Hyman Piano Solo (Project 3) | ホーム | #66 Commodore Jazz Classics Town Hall Concert (Mainstream)>>

コメント

ジャケットが一番映えるサイズでしょうか

こんにちは、おじゃまします。

確かに10インチ盤の取り扱いは面倒ですね。
RIAAカーヴでもないのでフォノイコライザーの切り替えも必要となり、
面倒くさがりやのわたしはなかなかターンテーブルの上に載せる機会がありません。
このピンキー ウインターズは実物を聴いたことがありません。
きっと中身もいいのでしょうね。


  1. 2007/01/01(月) 18:39:24 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

愛らしいサイズなんですけどね

>>sonnyさん、ようこそ!

10インチ、サイズは手ごろなのですが扱いは面倒ですよね。
当方のターンテーブルはバキューム式で滑り止めにマットも敷けないので、載せるのはいいのですが、再生後すべって取りづらいのです。
また、10インチの所有枚数が少ないので保管場所に困って12インチの間に埋もれて見つけにくいような状態です。

このレコードいいですよ。20年ぐらい前にART UNIONというところから再発された国内盤です。ソフトなヴォーカルがお好みでしたら是非オススメしますよ。
  1. 2007/01/02(火) 00:40:37 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/71-91bbdab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。