イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#693 Angel Eyes/Gene Ammons (Prestige)

Gene Ammons - Angel Eyes

A
1.Gettin' Around
2.Blue Room
3.You Go to My Head

B
1.Angel Eyes
2.Water Bug
3.It's the Talk of the Town

A-1,A-2,B-1,B-2

Gene Ammons (ts) Frank Wess (ts,fl) Johnny "Hammond" Smith (org)
Doug Watkins (b) Art Taylor (ds)

Rec-1960

A-3,B-3

Gene Ammons (ts) Mal Waldron (p) Wendell Marshall (b) Ed Thigpen (ds)

Rec-1962



またもやあまり陽が当たらないであろうと思われる、こんな作品を聴いていました。ジーン・アモンズのこのアルバムはオルガン入りの二管クインテットとワンホーン・カルテットの二つのセットからなっており、録音年代も離れていることからどちらかと云えば未発表ものを纏めたような要素の方が強いのではないかと、出自を知らない人間は勝手に勘ぐっています。しっかり調べれば何らかのアルバムから洩れたトラックであるのかが判るのかも知れませんが、全く違う可能性もあるのでこちら側の邪推でしかありません。くれぐれも鵜呑みにしないで下さいね。

というところまで書いていたら同セッションでの他のアルバムがあることを発見。その名も『Velvet Soul』(Prestige-7320)。ディスコでジャケットを確認してみたらやはり当方は見たことのないアルバムで、そちらには1960年の同日のセッションから2曲、1962年のセッションから3曲、他に1961年6月のセッションから1曲の計6曲が収録されていました。ということは、ここでの二つのセッションは二つのアルバムに分配されていて、未知の方にはさらに違う計3つのセッションで構成されているということになります。こんな駄文を日々拝していると思わぬ勉強が出来て有難いことこの上ないのですが、根っからの劣等生だった性分で3日も持たずに忘却するのでしょう。少しは進歩したいものですなぁ。

聴いてみて気づいたのが先日まで楽しんでいた、マル・ウォルドロンの一連の諸作のメンバーが複数散見されること。マルはもちろんフランク・ウェスにリズムはほぼ同メンバー。まぁそれらの作品と同レーベルで、また近い時期の録音ということもあって何も不思議なことではないのですが、やはり人数構成と使用楽器でサウンドの印象はだいぶ変わるものですね。インパクトがあるのはやはりジョニー・ハモンド・スミスのオルガンでしょうか。オルガンの音だけチョイスしても奏者によってだいぶ雰囲気が変わるのが興味深いところです。それに絡むウェスのフルートが新鮮に聴こえます。オルガンとフルートの組み合わせはそんなに記憶がないのですがこうやって聴くととても良いものです。アモンズの太いテナーもスミスのオルガンにマッチしていて濃厚な効果が得られていると思います。コテコテ過ぎない好い塩梅のサウンドに寛いでしまいます。一方のカルテットはワンホーンらしくアモンズの男らしい音色のテナーを満喫出来るのが魅力ですね。オルガンに慣れた耳にマルのピアノが飛び込んでくるのが丁度いいアクセントになっている感じです。明解なサウンドに身を委ねるにはなかなか良いレコードだと思いました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/12(日) 23:19:20|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#694 Annie Ross Sings a Handful of Songs (Everest) | ホーム | #692 Mal 2/Mal Waldron (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/713-daedd73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。