イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#697 Un[folk]ettable/Nico Morelli (Cristal-CD)

Nico Morelli

1.7 Show 7
2.Contropizzica
3.Cantilena
4.Abbasci'A
5.Lesson 45
6.Mena Mena Mo'
7.Pizzica Strana
8.Meriggi
9.Tarantelle
10.Yes'O Sol
11.Auralba

Nico Morelli (p) Stephane Kerecki (b) Bruno Ziarelli (ds)
Mathias Duplessy (ac-g,fl,berimbau,perc,voice→only3,4)
Tonino Cavallo (tambourine,chitarra battente,mandolin,castanet,accordion,voice→only4,6,7,10)
Andre Ceccarelli (ds→only3)

Rec-2006



突然の止ん事無き用事が出現し、家をやむを得ず空けることになってしまった。慌てて家を飛び出し任務を遂行する。結局終電までに事を終わらすことが出来ずに外泊。翌日もあーだこーだと喧々諤々しながら任務完了。戻れたのが終電と云う有様。どっと疲れた。と云う訳で2日間ブログをアップ出来なかった。行き先は都内。やっぱり都会には遊びで行きたい。どんな状況でも時間にはゆとりを持って挑みたいものである。慌ただしい行動を余儀なくさせられながらもそこは執念深いオッサンである。折を見て中古屋に出没。ウェブで買いにくいであろうめぼしいものを数枚買った。何たる不覚、帰宅後買い洩らしが発覚。今度出かけられるのは何時の日か。しかしながらオノボリすると年々疲れの度合いが増してきたのは己に皺が増えたせいか。特に人酔いが激しい。なんで東京にはあんなに人がいるんだ?かの地を仕事で闊歩したのも今は昔。田舎で長いこと暮らすと免疫も無くなるのか。ただでさえ時間がないのにそんな状況で趣味にはしるのは自業自得。案の定白目を剥きながら退散してきた。

前置きが長いですが無事帰還したのでジャズを浴びるほど聴いています。うーむ、自分の時間を自由に使っていると云う贅沢な感覚。良いですねぇ。色々聴いていたのですがこのアルバムが面白いので取り上げてみました。イタリアのピアニスト、ニコ・モレリのアルバム。とても楽しい、と云う惹句に引っかかり大分前に買ったのですがやっぱりとても楽しい作品でした。タイトルはUn[folk]ettable。Unforgettableに掛かっていることはすぐに解りますね。そしてイタリア特有のfolk music(=民俗音楽)がそこかしこに散りばめられた陽気なジャズであり、まさに「忘れられない」一品となっています。駄洒落好きのオッサンにとっては実に良いタイトルですね。座布団一枚です。

紛れもなくジャズに軸足を置きつつも遊び心が満載で、自然に備わっていなければ湧いてこないイタリアの空気感がとても爽快です。しかも強烈なドライブ感を持ったピアノが圧倒的で、リズム等のバッキングの水準も非常に高くベースは音が巨大で強靭、ドラムは切れ味が鋭くスリリングでハートをむんずと掴まれてしまいました。知らないビリンバウやキタラ・バッテンテと云う楽器がほんのりと異国情緒を醸し出し、演奏を鼓舞するヴォイスも非常に効果的で楽しくなります。イタリア語のヴォーカルも余りある雰囲気作りに役立っていますが、さらに避けて通れない存在感があるのがアコースティック・ギターのような気がします。パワフルなピアノに負けじと掻き回されるアコギにヤラれること請け合いです。そういえばキタラ・バッテンテと云う楽器もギターの仲間なんだそうな。

なお、この作品には先日ライブ・アルバムを出したドラマーのアンドレ・チェカレリも一曲でゲスト参加しています。極端に異質なものでもないと思うので先入観無く受け入れられるアルバムではないかと思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/18(土) 21:55:36|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#698 Innocence of Youth/Xavier Davis Trio (Fresh Sound New Talent-CD) | ホーム | #696 Marsalis Music Honors Michael Carvin (Marsalis Music-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/717-0faa5395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。