イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#699 Optimism/Jaleel Shaw (Changu Records-CD)

Jaleel Shaw - Optimism

1.Flipside
2.Almost
3.In 3
4.Optimism
5.If I'm Lucky
6.Flight
7.Love for Sale
8.Muna's Sleeping
9.Muna's Dream
10.The Struggle
11.Optilude

Jaleel Shaw (as,hand perc→8,10) Jeremy Pelt (tp→only7,fl-h→only11)
Robert Glasper (p→except3,5,9,el-p→only2,4,6,8) Lage Lund (g→except7)
Joe Martin (b→except9) Johnathan Blake (ds→except9,hand perc→only2,8,10)

Rec-2007



メンバーを確認したときから聴きたくて聴きたくてしょうがなかったアルバム。しかもインディーズものらしく扱っているサイトが限定されていて、どこも在庫もなく取り寄せだったし高い送料をかけての発注にも躊躇していたのですが、先日のオノボリの機会に店頭で発見し思い焦がれてから半年近く経ってようやく入手出来たと云う感慨無量の一枚。値段は国内盤並みに高くて閉口しますが、欲しいものが手に入ると云う意味では都会はやっぱり良いですなぁ。それまではCD BabyやiTunesのサイトで繰り返しダイジェストを聴いていただけだったので、その執念は端から見ても退いてしまうほどの異様さでは無かったか、と我ながら自嘲しろよとツッコミを入れたくなります。

何せ前作の『Perspective』(Fresh Sound New Talent)が自分のツボに決まりまくっていて未だにヘビー・ローテーションとなっている作品でもあり、且つメンバーに変更が少なく自分にとってのキー・プレイヤーがココでも固定されていたので必然的にこちらの作品への期待も無尽蔵に膨らみます。プレイとともに発せられる楽器の音にも常に敏感に反応するジェレミー・ペルト、ロバート・グラスパー、ラージュ・ルンドと云う面々が勢揃いし、聴く前から「パブロフの犬」宜しく涎が出てしまいます。とは云えジャズの狭い世界でもとりわけ騒がれもせず全く無視されている状態で、如何に極私的な嗜好の作品なのであろうかと少し残念な気もするのですが、はてさてその出来や如何に。

前作では2曲にテナーのマーク・ターナーが参加していましたが、本作も2曲でジェレミー・ペルトのトランペット&フリューゲル・ホーンが入り二管になります。それとベーシストがヴィセンテ・アーチャーからジョー・マーティンに変更されています。細かいメンバー間の移動が曲によってあるのは前作と同様で様々な組み合わせの妙を楽しむことが出来ますが、出てくるサウンドの統一性は高くてまだ数回程度を聴いたのみですが彼等の奏でる音やスタイルの不変さに嬉しくなってしまいます。ただし正直に云えば、まだ聴いた回数の少なさが影響しているのか前作の興奮度を上回るようなことがないことも事実です。静的な楽曲が比較的多く収録されていることも関係しているのかも知れませんが、相変わらずツボを刺激する音は有しているので聴くたびに感想が良い方向へ変化していくような気がしています。

リーダーのジャリール・ショウは相変わらずメロウでマイルドな音色を提供してくれますが、アグレシッヴさが少なく感じられるのは楽曲が影響しているような感じです。このアルバムではロバート・グラスパーはピアノ以外にもフェンダー・ローズを4曲で操っていますが、エレピを弾いていてもピアノと同様に紛れもないグラスパー節が滲み出ていているのは、何時聴いても唸ってしまいます。ラージュ・ルンドのふっくらとしたギターが全面に迫り出してきて心地良さを喚起してくれて、ジョー・マーティンのベースは軽やかであり5曲目のような小さなセット(アルト&ギター&ベース)でその柔らかさを実感し、ジョナサン・ブレイクのスコーンと抜けるドラムも印象に残ります。ジェレミー・ペルトはショウのアルトを効果的に引き立たせる役回りをかっているような演奏です。

内容には概ね満足していて、当方にとっては噛めば噛むほど味の出るスルメ盤であることに間違いはない内容です。出来ればもう少し入手する選択肢の多い方法でリリースしてもらいたいものですが、アーティストにとっては制約の無い自主レーベルやインディーズにシフトするのがこれからの主流になっていきそうですねぇ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/20(月) 21:54:04|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<#700 The Bikini Tapes/Atomic (Jazzland-CD) | ホーム | #698 Innocence of Youth/Xavier Davis Trio (Fresh Sound New Talent-CD)>>

コメント

はじめまして。こちらの記事を拝読し購入しました

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。(更新復帰されるのを楽しみにしております)

私もショウのデビュー作がヘビーローテーション化しています。おっしゃる通り、本作はマイナーレーベル系なので購入をためらいましたが、こちらの記事が決定打になり迷った挙句買いました。いざ買ってみると聴けば聴くほど味が出るアルバムで、本当に買ってよかったと喜んでいます(こちらのブログを拝読したおかげです)

不躾ながら、同じCDをレヴューした小生の記事をトラックバックさせて頂きました。もしご迷惑でなければご掲載ください。それでは今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2012/01/28(土) 20:01:07 |
  2. URL |
  3. Grass_hopper #Z36Cqkl2
  4. [ 編集]

返信が遅れ大変失礼致しました。

Grass_hopperさま、はじめまして。
完全放置状態のブログにコメントを下さり恐縮しております。
当方がブログにログインすらしない状態でしたので、コメントを頂戴していたことに気づくのが遅れてしまいました。
結果、返信もこのような時期となってしまい大変申し訳ございませんでした。

当記事が購入のきっかけとの事、そして愛聴されておられることを知り大変嬉しく思っております。
個人的にはずせないメンバーが揃っているCDでしたので、上京時に入手したときはとても興奮したことを覚えています。
久しぶりにこのアルバムを楽しみたいと思います。当方にとっても良いきっかけになりました。有難うございます。

TBの件はもちろん大歓迎なのですが、確認しましたらこちらでは受信できていない状態でした。
何度もお手数をお掛けし心苦しいのですが、もし宜しければ再度TBを打って戴ければ幸甚です。

やっぱりそろそろ復活したほうがいいですかね(笑)?相変わらず猛烈な勢いで聴き捲ってはいるのですがー・・・。
  1. 2012/02/10(金) 00:48:34 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

ページ最上段の広告がはずれるのを楽しみに、
いつも過去ログを拝見しております(笑)
TBを再度送ってみました。(目下、表示されてないですが…)

>やっぱりそろそろ復活したほうがいいですかね(笑)?

はい、ぜひ(笑)。こちらのブログは好みが私とけっこうカブってるので、
せっせと過去記事を読んでいます。最新記事、気長に楽しみにしております。
では今後ともよろしくお願いします。
  1. 2012/02/10(金) 07:35:20 |
  2. URL |
  3. Grass_hopper #Z36Cqkl2
  4. [ 編集]

TBの件。

Grass_hopperさま、たびたびすみません。

以前当ブログでスパム投稿がひどかったことがありまして、対策として承認するレベル設定を厳しくした経緯があり、それでTBがはじかれている可能性がありそうです。こちら側の問題ですので本当に申し訳ございませんでした。
取り敢えずその設定を一度クリアにしてみました。

本当に何度も恐縮ですが、宜しければ再度打って頂けると有難いです。大変失礼致しました。
  1. 2012/02/10(金) 19:49:59 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

トラバだめそうですねー

こんばんは。
トラバまた打ってみましたが、どうもだめそうですねー。
一応URLを残して行きます。ではでは。
http://grasshopper1.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
  1. 2012/02/10(金) 22:31:11 |
  2. URL |
  3. Grass_hopper #Z36Cqkl2
  4. [ 編集]

TB。

Grass_hopperさま、何度もすみませんでした!

トラバ受信してました。有難うございます!
どうもこちら側の設定に問題ありですね。本当に失礼致しました!
  1. 2012/02/10(金) 22:50:29 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/719-b2d93ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jaleel Shaw / Optimism

Jaleel Shaw (as) Lage Lund (g) Robert Glasper (p, except 3,5,9, Rhodes on 2,4,6,8) Joe Martin (b) Johnathan Blake (ds) Jeremy Pelt (tp on 7, flh on 11) Rec. June 25-26, 2007, NY (Ch...
  1. 2012/02/10(金) 22:24:19 |
  2. ジャズに焦がれて気もそぞろ

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。