イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#700 The Bikini Tapes/Atomic (Jazzland-CD)

Atomic - The Bikini Tapes

Disc 1
1.Geometrical Restlessness
2.Feets From Above
3.Kerosene
4.Leave Stacy
5.Boom Boom

Disc 2
1.Den Flyktiga Magneten
2.El Coto
3.Bop About
4.Alla Dansar Samba Till Tyst Musik
5.Konrads Hopp Om Livet
6.Pyramid Song

Disc 3
1.Toner Fran Forr
2.Alla Dansar Samba Till Tyst Musik
3.Hyper
4.Kerosene
5.Re-Lee
6.Boom Boom

Fredrik Ljungkvist (sax,cl) Magnus Broo (tp) Havard Wiik (p)
Ingebrigt Haker Flaten (b) Paal Nilssen-Love (ds,perc)

Rec-2004



例えば凄い音楽に接した時に、「凄いなぁ」の後にどこが優れているとか誰が凄いとかの感想が湧いてくるのが通常なのでしょうが、聴き終わった後に「スゲェ」と言ったきり次の言葉がなかなか出てこないぐらいに打ちのめされることは滅多にありません。当方にとってそういう数少ない体験をさせてくれたのがこの作品でした。書いていてちょっと大げさかなぁとも思えてきましたが、まぁかなりこれに近いくらいの衝撃は受けています。

自分の場合は、まずアトミックのトランぺッターであるマグヌス・ブルーのリーダー作である『Sugarpromise』(Moserobie)から入り、アグレッシヴでクセのあるプレイにすぐに病みつきになり、彼のリーダー作の殆どをチェックしたのが始まりです。その流れでアトミックという別バンドでも活躍していることを知り、今のところの最新作である『Retrograde』(Jazzland)(祝、国内仕様盤も発売!)と云う3枚組のCDを聴いてみて、さらにキレまくるブルーのトランペットとグループ特有のテンションの高さや暴れ具合に釘付けとなり、特に3枚目に収録されていたシアトルでのライブが恐ろしいほどにスリリングで絶句してしまいました。当然の如くアトミックの他のアルバムにも関心が行く訳で、出来るだけ彼等のアルバムには触れていきたいとの願望を自然と抱きました。色々探っていくと入手するのが難関だと思われるアルバムに遭遇。それがこの『The Bikini Tapes』(Jazzland)。このアルバムは彼等の過去のノルウェー・ツアーから選りすぐりのライブ・パフォーマンスを3枚に纏めたもので何と限定発売。当方にとっては時すでに遅しで跡形も無く廃盤になっていました。ライブ・パフォーマンスの強烈さにノックアウトされていた身としては絶対に避けて通れないアルバムであったので何とか手に入れたかったのですが、Amazonで比較的お手頃価格で中古が出ていたので即手配、首尾よく落手出来ました。

当然のように期待に応えてくれた強烈なアルバムでした。ディスク1よりディスク2。ディスク2よりディスク3とよりテンションが増していくように感じられ、メンバーのブッ飛び具合が徐々に加速していくような展開にワクワクし、ディスク3のラスト曲"Boom Boom"で敢え無く昇天します。明解な表現をすればフリー寄りの演奏も含まれていますがそう単純に結論づけられるものでもなく、徹頭徹尾の激情型で迫るわけではなくて緻密に計算された下地がハッキリと見えキレる時にはキレまくると云った強烈なメリハリを持ったサウンドです。フレデリック・ユンクヴィストのリードにマグヌス・ブルーのペットの咆哮は槍のように突き刺さり、血流促進効果が高くなる攻撃的なプレイです。ホーヴァル・ヴィークのゴツい岩石ピアノが脳天に直撃し失神したところに、インゲブリクト・ホーケル・フラーテンの鞭のようなベースにシバキ上げられ、ポール・ニルセン・ラヴのアトミック砲で撃沈させられます。緩いジャズが聴けなくなってしまう劇薬盤で、今後のリスニングに多大な影響を与えそうです。

なんなんでしょうか、この興奮度は。しかもこの連中が過去に2回も来日しているなんて。しかもPIT INNで大盛況だったそうでつくづく過ぎ去りし日を憂います。なんとか近作のプロモーションで再来日してもらえないでしょうか。何を犠牲にしても観に行くので。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/21(火) 23:26:16|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#701 Rough House/John Scofield Quartet (Enja) | ホーム | #699 Optimism/Jaleel Shaw (Changu Records-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/720-fb4f350a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。