イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#702 I am I am/J.D. Allen Trio (Sunnyside-CD)

JD Allen - I am I am

1.I am-I am
2.The North Star
3.Hajile
4.Titus
5.Louisada
6.Id
7.The Cross+The Crescent Sickle
8.Othello
9.Ezekiel
10.Pagan

J.D. Allen (ts) Gregg August (b) Rudy Royston (ds)
Eric Revis (ghost-b) Gerald Cleaver (ghost-ds)

Rec-Unknown



わりと最近リリースされたJ.D.アレンのサックス・トリオ。詳しいデータが表記されておらず、トリオ演奏であるのですがゴースト・ベースとゴースト・ドラムなんてのもクレジットされていて、調べものが苦手でお勉強のキライな私にとっては何のことだかサッパリ解りません。確認してみたいのだけれどまた英語と格闘するのかぁ、といった心境です。今年の春頃のリリースであるので普通の解釈をすれば2007年の音源かと云うことになるのですがこれまた表記が全く無いので判りません。

ダークで怪しげな曲調の10曲が収録されています。曲によってはかなり呪術的な雰囲気で、こういうのはワクワクします。個人的に大好きなサックス・トリオですが、テナーのラフな質感とコンパクトな編成ならではのリズムのキレ具合がハッキリ解るフォーマットにウキウキしてしまいます。この作品も例外ではなくザックリとした荒々しさが三者から感じられ、ドラムの刻むビートにいちいち過敏に反応してしまいます。J.D.アレンのテナーはイキむこともなく滑らかにフレーズが出てきますが、クセのあるメロディと即興性の強さも相まって独特の世界を演出しています。それに呼応するリズムも自由度が高く、さながら互いの呼吸を計りながら繰り出してくるような感覚。淡々としたように聴こえながらも実はメラメラとした闘志のようなものも感じさせる奥の深さも持ち合わせているように感じました。

いろんなサックスのトリオを聴いてきましたが、自分はやっぱりこの編成が好きであると再確認しました。ワン・ホーンでごまかしの利かない真摯なテナーの取り回しの妙味に加えて、いつもよりも輪郭がクッキリと滲み出るゴリっとしたベースに、メリハリが効いていてツボでスパーンと決めてくれるドラムの心地よさがサックス・トリオの醍醐味であると確信する好内容の作品でした。まだ聴いていないのですが、先日出たドニー・マッカスリン(Donny McCaslin)の『Recommended Tools』(Green Leaf)というサックス・トリオもまたタイプが違っているようで興味をそそられる存在です。



御礼:おかげさまで本日より3年目。身内にも知人にも一切内密でこんなことをやっていますが、飽き症であったはずの当方がPCトラブルや旅行や不意の用事以外はほぼデイリーで更新出来ているのは自分でも首を傾げる思いです。内容がショボく信憑性に乏しいことに対しての自重が働きつつも、延々と垂れ流し続けているのは如何なものかと云う自問自答もあります。反面何気なく日課になってしまった行為を止めてしまう気持ち悪さというのも片方にはあったりして、結論を出せずに日々悶々としていることもまた事実で全く始末に負えない話ですなぁ。まぁ気の向くままにやってみようかと思っていますので一笑に付しながらお付き合い下されば幸甚です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/23(木) 23:29:51|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#703 4 Corners (Clean Feed-CD) | ホーム | #701 Rough House/John Scofield Quartet (Enja)>>

コメント

3年目ですか~。
おめでとうございます。
自分の方は何となくダラダラ続けておりますが、おかげで結構一日のメリハリが付いているような気がします。
今後、ペースが変わったりということはあるかもしれませんが、今のところ、しつこく続けるつもりでおります。(笑)

今後ともよろしくお願いします~。
  1. 2008/10/23(木) 23:50:57 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

丸2年はほぼ完遂できました~。やってみるとアッという間でしたね。ネタに全く困ることはなくまだまだ山のように抱えているのですが、こう云った戯言程度のものでも書く(打つ?)というのは結構エネルギーのいるもので、なかなか難儀なものですね。

そうそうメリハリが付きますよね。一日の終わりにコレをやっているような習慣が出来上がって、日々のサイクルに欠かせないことになってきました。

継続は力なりなのか、石の上にも3年なのかわかりませんが、自分が納得いかなくなるまでは続けてみるつもりでいます。

こちらこそ、今後とも宜しくお願いしますね~(笑)。
  1. 2008/10/24(金) 01:21:20 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/722-664c247d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。