イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#703 4 Corners (Clean Feed-CD)

4 Corners

1.Alfama (for Georges Braque)
2.Spin With the EARth
3.Short Stop (for Bobby Bradford)
4.Lucia
5.Ashcan Rantings
6.Tommorrow Now (for Lester Bowie)
7.ChiChi Rides the Tiger

Ken Vandermark (bs,cl,b-cl) Magnus Broo (tp) Adam Lane (double-b)
Paal Nilssen-Love (ds)

Rec-2006



ポール・ニルセン・ラブ関連を探っていたら、是非聴かねばならないと義務感が生じたのがこのアルバム。この作品にはここのところ再三聴いていたマグヌス・ブルーが参加していたし、当方の駄ログにコメントを寄せて下さるsheppさんが以前触れておられたケン・ヴァンダーマークが参加している。先日はVandermark 5という彼のグループの『Beat Reader』(Atavistic)という作品を聴いてみて、その独特な音圧とフリーらしからぬアンサンブルで興奮の坩堝に落されていた当方にとっては違うグループでの彼の一面も窺うことが出来るチャンスも生まれます。在庫があったので早々に到着、どのような演奏なのかワクワクします。

聴いてみて気づくマヌケさはいつも通りのことですがこの作品はポルトガルでのライブでした。ドスの効いたケン・ヴァンダーマークのバリトンやバスクラを聴いていると、当方のチープなフリー・ジャズの経験値では、タイプが全然違うのに楽器が共通するというだけでジョン・サーマン辺りしか浮かんでこないのが悲しい。厚みがあると云うのか塊になっていると云えばいいのか、ヴァンダーマークのリードはゴツゴツとした巨大な岩が崖崩れで落ちてくるようなヘビーさを醸しており、絡むブルーのトランペットもいつにも増して血管が切れるかのような火の噴きようです。どういうエフェクトなのかイマイチよく判らないのですが、曲によってアダム・レーンのベースにハウリングを伴ったディストーションのような歪みが加えられていて、それをアルコ奏法で引っ掻き回すサマは強烈なインパクトを与えてくれます。エキサイティングなステージのトドメはニルセン・ラブのブッ飛んだ重戦車ドラムにダメージを負わされ、往復ビンタを連続で食らったようなホットな演奏です。フロントの暴れ具合とリズムの強靭さが最高で、このラフさ加減が病み付きになります。

とても理解と云う水準まで行かない当方のフリー・ジャズ体験も積極的に接していることが功を奏しているのか、以前では思いもよらなかった感慨や新たな発見などが自分自身に芽生え、後を引くかのように未知の作品に手を伸ばしている最中です。とは云え近年のフリーに関しての参考書を持ち合わせていないものですから、参加しているミュージシャンを芋づる式に聴いてみたり、レーベルに特化して聴いてみたりと試行錯誤の毎日です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/24(金) 23:19:10|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#704 River/Herbie Hancock (Verve-CD) | ホーム | #702 I am I am/J.D. Allen Trio (Sunnyside-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/723-544eb042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。