イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#704 River/Herbie Hancock (Verve-CD)

Herbie Hancock - River

1.Court and Spark (Norah Jones-vo)
2.Edith and the Kingpin (Tina Turner-vo)
3.Both Sides Prophecy
4.River (Corinne Bailey Rae-vo)
5.Sweet Bird
6.Tea Leaf Prophecy (Joni Mitchell-vo)
7.Solitude
8.Amelia (Luciana Souza-vo)
9.Nefertiti
10.The Jungle Line (Leonard Cohen-vo)

Herbie Hancock (p) Wayne Shorter (ss,ts) Dave Holland (b) Vinnie Colaiuta (ds)
Lionel Loueke (g)

Rec-2007



遅ればせながらこのアルバムを取り寄せてみた。ケースには後付けで貼られたであろう"2008 Grammy Award Winner for Album of the Year!"の文字と例の蓄音機のトレードマークをあしらった黄色いシールが。いわゆる賞レースにはその事情やしがらみ等が垣間見えそうな気がして一切の関心もないけれど、いざ発表されて様々なメディアで取り上げられるとなんとなーく気になって、自分の中に潜在的に潜んでいる何かが購買欲を刺激されて購入してしまうという、結果的にメディアを含めた発信者側の戦略にまんまとハマっていてなんともバツの悪いものがあります。

全10曲のうち6曲がヴォーカル入り4曲がインストと云う内容で、このヴォーカル入りと云う部分に多分に評価された要因を窺うことが出来るのではないかと推察します。そしてハンコックという存在はもちろんトリビュート作品であると云うことも。自分の本音を言えばこのメンバーなら全部インストで演ってもらったほうが有難いのですがね。ちなみに最後の10曲目のレナード・コーエンはヴォーカルと云うよりも語りと云った方がよいかと思います。

主役とも云えるジョニ・ミッチェルを含めた6人が1曲ずつヴォーカルを執るのですが、当然のこととは云えノラ・ジョーンズはノラ・ジョーンズでありジョニ・ミッチェルもまた同様でして、ティナ・ターナーのような畑が違うと思わせるようなシンガーもその個性は揺るぎないものであることが再確認出来ます。どんな舞台に立っても歌い出せばその人の世界に変換させることが出来るというのは改めて凄いことだと感じます。そういう意味ではかなり異質なジャズ・アルバムである気がしますが、そんなことを考えるのは変にジャズに制限を設けたがる粘着質なオヤジの戯言と一喝させるのがオチでしょうな。

それでも聴くものに関しては何でも屋であるのでバックの演奏とともに各ヴォーカリストの持ち味を楽しんで聴けています。荘厳さを漂わせるハンコックのピアノとショーターのサックスを従えて深みのあるヴォーカルを聴いているとナイトクラブの客席にいるような感覚になります。インストも全体の空気感と相違ないもので静謐な世界を描いています。

自分の中にあるジャズの概念などを持ち出そうとせずに、ただ音と声に身を委ねてしまうのも悪くないものですね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/25(土) 20:35:25|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#705 Blues in Trinity/Dizzy Reece (Blue Note) | ホーム | #703 4 Corners (Clean Feed-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/724-6525107f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。