イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#705 Blues in Trinity/Dizzy Reece (Blue Note)

Dizzy Reece - Blues in Trinity

A
1.Blues in Trinity
2.I Had the Craziest Dream
3.Close-Up

B
1.Shepherd's Serenade
2.Color Blind
3.'Round About Midnight

Dizzy Reece (tp) Donald Byrd (tp) Tubby Hayes (ts) Terry Shannon (p)
Lloyd Thompson (b) Art Taylor (ds)

Rec-1958



ディジー・リースのこのアルバムのパーソネルを見ていてイギリス人のタビー・ヘイズが参加していることに気がついたので聴いてみました。ということはヨーロッパでの録音なのかな?と思い調べてみたらやっぱりパリの録音でした。そこからディジー・リースがジャマイカ人でイギリスで成功したトランぺッターであると云うことを初めて知ります。モノを知らんということはいつでも勉強ができるので得な役回りですねぇ。

このリースの作品を指して云う訳ではないのですが、最近の新譜にシフトした聴き方を続けていると、50~60年代とかの録音はどうしても懐古的と云うかそんな音に聴こえるのは致し方のないことなのでしょうか。しかもココのところ激しいものを積極的に摂取しているので生半可なものだとどうしても負けてしまうのです。アヴァンギャルド方面まで突進する入れ込みようなので平衡感覚をとっていくのが結構難しかったりします。そんなことを言いつつもやっぱり古いブルーノートを聴いていると途端に心に安寧が訪れていい気分になるという、単純な構造の人間であることを有難く思います。

三管のセクステットですが、リース以外にもトランぺッターにドナルド・バードが加わっています。リースのBNでの初吹き込みであるこの作品にアルフレッド・ライオンがジャズ・フェスの為に渡欧していたバードとアート・テイラーを参加させたのだそうです。従って駄耳を持つ人間に対して曲と構成によってはトランペットの聞き分けが必要となってくるのですが、ソロ・パート以外の部分はいつものように全体的なサウンドのみで楽しむようにしてこの場は逃げてしまいます。

A-1のタイトル曲の若干スピード感を持たせたテンポに身を委ねると何とも良い気分になってきます。ディジー・リースのトランペットは抜けのよい気持ちのいい音で、アップテンポの曲をバリバリ吹いてもバラードをユッタリと吹いても巧みにコントロールされた演奏がサマになります。B-3は何故かトランペットの二人が抜けたタビー・ヘイズのワンホーン・カルテットですが、彼の太い男らしい音色はココでも健在で嬉しくなってしまいますねぇ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/10/26(日) 23:59:16|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#706 Autumn in New York/Najponk Trio (Cube Metier-CD) | ホーム | #704 River/Herbie Hancock (Verve-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/725-ebe2f542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。