イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#712 Footprints Live !/Wayne Shorter (Verve-CD)

Wayne Shorter - Footprints Live !

1.Sanctuary
2.Masquelero
3.Valse Triste
4.Go
5.Aung San Suu Kyi
6.Footprints
7.Atlantis
8.JuJu

Wayne Shorter (ts→only1,2,3,4,6,7,8,ss→only5,6,8) Danilo Perez (p)
John Patitucci (b) Brian Blade (ds)

Rec-2001



ジャズに対して最近まで長めのブランクがあった当方には、活きの良い元気な新人を聴くことの楽しさや、それに伴って芋づる式に繋がっていく新たなミュージシャンの発見とともに、数多くの名盤を残してきたベテラン勢の消息や聴けていない近年の音源のチェックなど、継続して聴いていく上で楽しみな要素がまだまだ沢山あります。またその過程でベテランと新人の融合などが多く見られるので、今まで聴いてきた各々の作品がシンクロするような面白い感覚も味わえてとても有意義です。この作品もベテランであるショーターに最近聴き始め素晴らしさを知ったにも拘らず既に中堅のダニーロ・ペレスがどのように絡んでいるのかが興味深かったりします。リズムのパティトゥッチやブライアン・ブレイドなどは中堅と云うよりベテランの域に達しているのかも知れませんが、ここ十数年の作品の極私的発掘に勤しんでいる当方には、例えコレが当時のあたりまえのレギュラー・メンバーであろうとも新鮮な組み合わせだったりします。後追いで聴いている人間の特権のような部分ですが、あまりにも当然の知識すら備わっていない情けなさも実感しますが。

ライブ好きを自認しているのでショーターの比較的最近の音源でも、スタジオ録音よりも先にこの盤ともうひとつの2002~2004年のライブ・パフォーマンスをチョイスした『Beyond the Sound Barrier』(Verve)を真っ先に取り寄せてみました。聴く順番が違うのかも知れませんが欲求がそうさせるのでどうしようもありません。この作品はヨーロッパでのツアーを収録したライブ盤で、1,2,6曲目の3曲がスペイン、3,4,5,7曲目の4曲がフランス、8がイタリアでのライブになるようです。彼の不朽の名作「フットプリンツ」をタイトルに掲げ、その曲も6曲目に演奏されています。

さすがにショーターのライブだけあって熱を帯びたエネルギッシュな側面と、クールで理知的な部分が相まってピリッと引き締まった演奏に背筋が伸びてしまいます。安直にショーター・ワールドなんて表現していいのか判らないですが、紛れもない彼の世界観が全面に展開されており圧巻です。しかしながらイマジネイティブなプレイはさらに磨きがかかっていてカッコいいですねぇ。テナーとソプラノを使い分け、さらに曲によっては二本を交互に使用してキレのある旋律を描いていきます。ダニーロ・ペレスのピアノは最初に彼名義のピアノ・トリオでの2003年のライブ『Live at the Jazz Showcase』(ArtistShare)を聴いていたのですが、なるほどあの硬質で平易とは云えない独自の感性は、この頃から既に形になっていたのかと思わせるようなプレイぶりで大いに納得するものがありました。ペレスとショーターの化学反応がとても絶妙で惹き込まれるのですが、やはり信頼するに充分なリズムを配していることも大きく寄与しており、四人の駆け引きがスリリングで強烈です。

久しぶりに聴いたショーターはまたひとつ異次元に踏み出しているかのような充実ぶりで絶句するものがありました。一歩ずつ登りつめて行き着いた先は最早手の届かないところにあるが如く超然と屹立した姿には後光が差しています。ライブを是非体験したいと心から願います。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/02(日) 23:58:28|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#713 Laurindo Almeida Quartet Featuring Bud Shank (Pacific Jazz) | ホーム | #711 Music for Swinging Moderns/Dick Johnson Quartet (EmArcy)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/730-53f7236b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。