イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#716 Notes From the Village/Anat Cohen (Anzic-CD)

Anat Cohen - Notes From the Village

1.Washington Square Park
2.Until You're in the Again
3.Siboney
4.After the Rain
5.J Blues
6.Lullaby for the Naive Ones
7.A Change is Gonna Come
8.Jitterbug Waltz

Anat Cohen (cl,ts→only6,ss→only1,b-cl→only4)
Jason Lindner (p,el-p→only6,key→only1) Girad Hekselman (g→only1,2,6)
Omer Avital (b) Daniel Freedman (ds,perc)

Rec-2008



以前ココの過去ログのコメント欄においてトランペッターのアヴィシャイ・コーエンには兄弟のミュージシャンがいるということを教えて頂きました。先日その彼女の新譜がリリースされたのでこの機会に聴いてみようと取り寄せました。アナ・コーエン(アナト・コーエンとの表記もあるのですがどちらが正確であるのかは判りません)のこの作品の位置づけを彼女のHPで確認しようとディスコを見ると5枚のアルバムが出てくるのですが、CD販売サイトでリーダー作に絞って在庫を見てみると4枚のアルバムがあるようで、確認出来たものとして過去に『Place & Time』『Poetica』『Noir』(全てAnzic)と云う作品がリリースされていました。また、コーエン一家はユヴァル・コーエン(Yuval Cohen)というサックス奏者もいて、"3 Cohens"と云う兄弟グループでも2枚のアルバムをリリースしています。トランペットのアヴィシャイもつい先日『Flood』(Anzic)と云う3枚目のアルバムをリリースしましたが、聴いてみると衝撃のファーストからはかなり方向転換したアルバムになっていました。

メンバーには同じAnzicでリーダー作を発表しているジェイソン・リンドナーのピアノ&エレピに同胞のオマー・アヴィタルがベースで参加しています。そして上掲の『Flood』にパーカッショニストとして参加していたダニエル・フリードマンがドラムです。また同じくイスラエルのギタリスト、ギラッド・ヘクセルマンのギターが3曲で加わっています。

やはりというかほんのりとしたイスラエル臭の漂う曲調に刺激されてしまいます。最初はあまりピンとこなかったのですが、このアルバムは演奏のスリリングさとかエネルギッシュさなどを感じさせるような要素は少なく(最後の8曲目くらいかな)、どちらかというと滲み出てくる雰囲気を楽しむという聴き方をするとシックリくるものがあります。そもそもバスクラを含むクラリネットは大好きであるのですがあまり聴いたことのないタイプの演奏で、思い出す範囲であればデヴィッド・クラカウアーのクレズマーものを連想させます。

正直言えばオマー・アヴィタルとギラッド・ヘクセルマンの参加が購入のキッカケになったのですが、やはりアヴィタルのベースの存在感は素晴らしいものがありますね。ゴツゴツと強打されるベースはアヴィシャイ・コーエン(ベーシストのほう)とともにイスラエルのミュージシャンの専売特許のような感じを受けます。ヘクセルマンのギターの浮遊感もバッチリで、全体的なサウンドの上でも欠かせない役割をシッカリと果たしていました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/06(木) 20:31:55|
  2. Flute, Clarinet, Tuba, Violin, etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#717 Talisman : Live in Nagoya/PainKiller (Tzadik-CD) | ホーム | #715 Boss Bones/Wycliffe Gordon (Criss Cross Jazz-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/734-e8ccff18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。