イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#721 Identity/Jeremy Pelt (Max Jazz-CD)

Jelemy Pelt - Identity

1.Re-Invention
2.Eddie's Story
3.Seek
4.Suspicion
5.Eye of the Beholder
6.Celestial
7.Angular
8.Haiku
9.Scorpio
10.Dusk

Jeremy Pelt (tp,fl-h,effects) Myron Walden (ss,b-cl)
Frank Locrasto (p,el-p,clavinet,B3-org,Jupiter-syn,effects)
Mike Moreno (g) Warren Wolf (vib) Vicente Archer (b) Eric McPherson (ds)

Rec-Unknown



ジェレミー・ペルトのMax Jazzでの録音は4枚でいいのかな。どれもがヴァラエティ豊かな内容でフレキシブルな彼の表現能力を如何なく魅せてくれます。リリース順に振り返れば、ヴァイオリンやチェロ等を使用し贅沢に仕上がっている『Close to My Eyes』、取り上げたこの作品は2作目となる『Identity』、強烈なエレクトリック・ジャズを堪能出来るライブ『Shock Value : Live at Smoke』、最新作は真摯なアコースティック・ジャズが聴ける『November』となっています。簡単な位置づけをしてみたけれど、この作品の立ち位置はアコースティックとエレクトリックが折衷した内容です。録音時期が不明ですが、2005年中頃のリリースですので04~05年頃のレコーディングと考えるのが自然なような気がします。

基本になるのはペルトと鍵盤のフランク・ロクラスト、あとはヴィセンテ・アーチャーとエリック・マクファーソンのリズム陣で、曲によって編成も変わりいろんな表情を楽しめるアルバムになっています。ペルト自身のトランペットにエフェクトが掛けられたり、またフリューゲルホーンに持ち替えたり、鍵盤がピアノやエレピやシンセになったり、マイロン・ウォルデンのリードやマイク・モレノのギター、ウォーレン・ウルフのヴァイヴが加わったりとサウンドの変化が楽しめます。ココからは思いっきり個人的な主観なので間引いて解釈してほしいのですが、それほど奇抜なエフェクト処理を行っていない為に雑多になってしまうような感じは少なく、また軸足がジャズに置かれているので演奏には統一感が保たれていると思います。というのも今現在これ以上に過激な解釈のものを多量摂取し続けている事情があるのでこんな表現方法になってしまいます。アコースティック・ジャズのみを信仰される方にはあり得ない書きようで、大いに違和感を持たれるかも知れません。ご注意下さい。

ペルトのトランペットは雄大でけれんみが無くストレートな表現方法がとても気に入っていて、このアルバムでも力強さとたおやかさを如何なく発揮しています。フランク・ロクラストはピアノでもエレピでもこのサウンドの肝を担っており存在感抜群です。ウォーレン・ウルフのヴァイヴは明らかにスパイスとして効いていて引き立っています。個人的に注目するマイク・モレノのギターは4,5,9,10曲目の4曲でしか聴けませんが、この時点で既にグッとくるプレイを披露していることに嬉しくなります。

ペルトのアルバムの中でも頻繁に取り出して聴くアルバムですが、今回改めて聴いても楽しみどころの多い内容に大変満足したのでした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/11(火) 23:58:36|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#722 Paseada Con Bruno/Gianni Cappiello (Splasc(h)-CD) | ホーム | #720 Underground/Chris Potter (Sunnyside-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/740-00fa7994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。