イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#720 Underground/Chris Potter (Sunnyside-CD)

Chris Potter - Underground

1.Next Best Western
2.Morning Bell
3.Nudnik
4.Lotus Blossom
5.Big Top
6.The Wheel
7.Celestial Nomad
8.Underground
9.Yesterday

Chris Potter (ts) Wayne Krantz (g) Adam Rogers (g→only6,9)
Craig Taborn (el-p) Nate Smith (ds)

Rec-Unknown



聴く順番を間違えたなぁ、と思うことがよくあります。特に最近ジャズに戻ってきた当方は「今あるうちに買え精神」で新譜優先で購入していく為、旧譜を遡っていきながら聴いていくことが半ば習慣づけられているので尚更です。これはジャズを過去から継続して進行形で聴いている人には太刀打ち出来ない部分であると自覚しています、当初は一般的にはあまり経験しない聴き方を逆にメリットとして考えてしまおうと云う思惑もあったのですが、筋道と云うものを考えるようになってからはやはりデメリットの方が多いような気になってきました。未知の旧譜が沢山あることは宝の山を抱えていることに等しいとは解釈しているのですが、当初は聴く順序まではあまり考えていませんでした。なんてことをこのアルバムを聴いた当初に思ったのでした。

というのも、クリス・ポッターを初めて聴いたアルバムがヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ『Lift』(Sunnyside)でその良さを実感し、それを聴いていた時期に間髪入れずに新譜でリリースされたアンダーグラウンド名義のライブ『Follow the Red Line : Live at the Village Vanguard』(Sunnyside)もすぐに後追いで取り寄せ、立て続けにライブ盤を楽しんだのです。特に後者にはとてつもないパワーとファンク色豊かな燃えるライブにノックアウトされ、取り憑かれたようにコレばかり聴いていました。必然的に遡って録音をチェックしていけばこのアルバムにも突き当たります。エネルギッシュに猛進するライブ盤に比すれば、スタジオ作はセットが同じとは云えおとなしくまとまって聴こえることはやむを得ないことなのでしょうか。どうしても対照としては物足りなさを感じてしまい結果的にライブ盤に比重を置いて聴いてしまっていました。

ほとぼりが冷めてしばらく経った今、改めてこのスタジオ盤を聴き直してみようと思いました。無理に固執せずに互いのアルバムを切り離してみれば新たな発見があるかもしれないなぁと思いつつ聴いてみたこの作品は、冷静になったからなのか以前とは違った側面が見えてきました。互いに共通する曲が収録されているわけでもないし単にライブであるか否かの違いのみが強調され、その断片的な要素である雰囲気のみで判断し敬遠したことがそもそもの間違いであったようです。

ライブのような荒々しさは少なくなっても、その分緻密に計算された構成がハッキリと見えてきます。クリス・ポッターのエモーショナルさは普遍でクレイグ・テイボーンのローズ・ピアノとの相性のよさが際立っています。前述のライブではアダム・ロジャースが全編で活躍していましたが、この作品では主にウェイン・クランツがワイルドなギター・ピッキングを披露しています。粘っこさのある泥臭いギターはネイト・スミスのファンキーでアグレッシヴなドラムと一体となり引き込まれてしまいます。

クリス・ポッターのアルバムはリーダー作やサイドも含めて多くの作品を現在までに聴くことが出来ましたが、彼は実に多彩なアプローチでその本領を発揮しており今さらながらエレクトリックな演奏はその一端でしかないことを認識したのでした。しかもどれを聴いても満足させられてしまうその力量に唸らされるのです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/10(月) 23:55:26|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#721 Identity/Jeremy Pelt (Max Jazz-CD) | ホーム | #719 At Last/Marcus Strickland Quartet (Fresh Sound New Talent-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/742-04c0c945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。