イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#722 Paseada Con Bruno/Gianni Cappiello (Splasc(h)-CD)

Gianni Cappiello

1.Forse
2.Con Quelle Gambe (cha cha cha)
3.E la Chiamano Estate
4.Cosa Hai Trovato in lui
5.Il Problema dei Piccoli e il piu Grande
6.Baciami per Domani
7.Martinsamba
8.Jessica
9.Feelings

Gianni Cappiello (p) Pietro Ciancaglini (b) Mauro Beggio (ds)

Rec-2001



アナログ時代からこのスプラッシュ・レーベルはイタリアの滋味深い作品を沢山リリースしていたけれど、CDの時代になっても変わらないポリシーを貫いていたようで嬉しくなりました。スプラッシュの作品をCDの時代になって今回初めて取り寄せてみたのです。

ジャンニ・カッピエロと読むのでしょうか。イタリアのピアニストでこのアルバムは彼のセカンドのようです。ピアニストであり歌手&作曲家のブルーノ・マルティーノへのトリビュート作とのことなのですが、知らない人だなぁと思っていたら「エスターテ」を作曲した方だと云うことを理解したのでした。特にペトルチアーニの「エスターテ」は大好きであるのですが作曲家までは知らず、こういうところでまたも勉強させてくれます。ものを知らんと云うことは、もの知りよりも「知る」機会が多いので案外得なことなのかもしれんなぁと考えるのですが、物覚えの悪さは天下一品でいつまで記憶の中に留めることが出来るやら、怪しいことこの上ない状態です。マルティーノの曲は6曲(1,2,3,4,6,8)で、他にジャンニ・カッピエロのオリジナルも2曲(5,7)含まれていて、ラストも映画で有名なモリス・アルバートの曲になっており全てをブルーノ・マルティーノの曲で固めたわけではありません。

それにしても美メロのオン・パレードのようなアルバムです。高音域の使い方が流れ星のように流麗に煌めきガラにもなくウットリします。最近は過激一辺倒のジャズに没入しているので尚のこと清涼感が漂います。イタリアらしい陽気な曲やメロディの髄まで抽出されたコクのある料理のようなナンバーが並んでいて壮観です。ブルーノ・マルティーノのそれらの楽曲が一層その感を強くさせ、良い曲を生み出させた才能を実感させます。それに応えるカッピエロのピアノは瑞々しく潤いのある旋律を紡ぎ出し、さも自分の作品のように披露する腕前は腕のいい料理人のようです。サイドのミュージシャンのことは全く知らず恐らく同郷のイタリア人のミュージシャンと思われますが、どの曲でも阿吽の呼吸が楽しめて聴く側を気分良くさせてくれます。

喉元を爽やかな風が吹き抜けるスペアミント・ガムのような爽快さです。岩石落しのようなピアノもワクワクしますが、たまにはこう云うピアノを摂取するのもいいものですね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/12(水) 23:58:01|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#723 This is June Christy ! (Capitol) | ホーム | #721 Identity/Jeremy Pelt (Max Jazz-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/743-fc0b3c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。