イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#729 Invisible Cinema/Aaron Parks (Blue Note-CD)

Aaron Parks - Invisible Cinema

1.Travelers
2.Peaceful Warrior
3.Nemesis
4.Riddle Me This
5.Into the Labyrinth
6.Karma
7.Roadside Distraction
8.Harvesting Dance
9.Praise
10.Afterglow

Aaron Parks (p,mellotron→only3,glockenspiel→only3,key→only3,5,6,8)
Mike Moreno (g→except1,5,10) Matt Penman (b→except5,10)
Eric Harland (ds→except5,10)

Rec-2008



迷っていたのです。ほぼ同時期にハイ・ファイヴとアーロン・パークスが来日しているのです。ハイ・ファイヴはブルーノート東京(11月16日~19日)でアーロン・パークスはコットン・クラブ(11月19日~22日)で演奏しています。田舎から時間を掛けてオノボリで出かける訳ですから二つ観ればいいのでしょうが、さすがに時間的にも経済的にも余裕がありません。何せファースト・セットを観るには当地からは午後4時過ぎには出発しなければならず、セカンドセットにすると宿泊になってしまう為どちらをセレクトしても支障が出ます。個人的には両者の数ある作品中、近作が一番好みでありとても素晴らしかったのでいずれかには是非行きたいと考えていました。そんな折、コットンクラブから甘いお誘いを受けたのでそれに飛びついてしまいました。

昨日(19日)のセカンド・セットを観てきました。個人的にはドラマー以外が新作のメンバーで来ているのがとても嬉しく、アーロン・パークスはもちろん大好きなマイク・モレノを観たいという欲求を抑えるのが大変でした。しかも新作の『Catch of the Day』(Fresh Sound New Talent)も大変気に入ったニュージーランド出身のベーシスト、マット・ペンマンを観れるというのも二重の喜びでした。エリック・ハーランドが来なかったのは少し残念でしたが余りある期待感を抱かせてくれていました。

ステージでは近作のアルバム中心で演奏してくれました。アーロン・パークスはデビュー作から聴いていくと徐々に自身の色を作品で提示してきており、今回初めて接してみるとアルバムで聴かれる演奏から特別にかけ離れるようなアドリブが炸裂したリはしませんでしたが、作品の世界観を忠実に再現してくれたような感じがして大変有意義な時間でした。この作品で重要な役割を担っているマイク・モレノはシングル・トーンで独特な浮遊感のある演奏を披露してくれ、やっぱりこの人のサウンドは自分の欲求に応えてくれる素晴らしさです。嬉しい発見はマット・ペンマンのベースの力強さ。いやぁ強靭で図太くてハコを目一杯共鳴させていました。嬉しくて顔がニヤけてしょうがない状態なのは自分でもよく判ります。そして今回来日していたドラマーのヨーヘン・ルッカートは自身のアルバムも10年前にリリースしているようなのですが知らなかったアーティストでした。植え付けられているアルバムのカラーを壊すこと無くプレイされるドラムに好感を持ちました。

久しぶりにライブを観ましたがやっぱり良いですね。生で観る機会が限定されてしまう当方にはとても充実した一日でした。田舎住まいの分CDに比重を置いてジャズと付き合っていますが、もし都心で生活出来るとなるとライブとの配分が大変なことになるなぁと、ありもしないくだらないことを思わず想像してしまいました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/20(木) 23:57:29|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#730 When You're There/Frank LoCrasto (Maxjazz-CD) | ホーム | #728 The Space Book/Booker Ervin (Prestige)>>

コメント

>ライブとの配分が大変なことになる

ええ、おかげさまでCDの購入量が減っています。(笑)
まあ、分相応に楽しむのが正しいと思いますので。
  1. 2008/11/21(金) 01:18:45 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

>まあ、分相応に楽しむのが正しいと思いますので。

自分の場合は分相応に抑えなければならない自重と、その欲求をそそのかすもう一人の自分との戦いになるのは目にみえています(笑)。観たいものは観たいし聴きたいものは聴きたいという、聞き分けの無い駄々っ子のように成り下がりそうで始末に負えなくなりそうです(笑)。困ったことに来月もう一本行く予定になっています。年末のかきいれ時なのに・・・。
  1. 2008/11/21(金) 01:39:12 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/748-d8ee1b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。