イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#739 FiveLive/Mike LeDonne (Savant-CD)

Mike Ledonne - FiveLive

1.Encounter
2.You and I
3.Hands
4.Good Times
5.Manteca
6.I Got it Bad (and That ain't Good)
7.Little M
8.Bleeker Street Theme

Make Ledonne (p) Eric Alexander (ts) Jeremy Pelt (tp) John Webber (b)
Joe Farnsworth (ds)

Rec-2007



引っ張る前にどうしようなかぁ~と随分考えていたアルバム。取り敢えず聴いてみて合わなかったら次は見送るというスタンスで今回は購入してみようと取り寄せたのが3ヶ月以上前。理由は聴く前からサウンドが何となく想像出来てしまい、自分の現在の趣向によりひょっとしたら聴かなくなる可能性も感じていたので手を出しにくかったと云うのが正直なところです。ただし聴いてみるととても満足し、なおかつここのところ手にする機会すら増えてきたのがこのアルバムです。

マイク・ルドン・クインテットの「スモーク」でのライブ・アルバム。なんの形容も要らないジャズに真摯に向き合った、王道を往くキリッと引き締まった演奏です。聴いていると何故か新鮮で、現在自分が聴いているもので一番不足しているのがこう云った演奏なのではないかと気づかされるくらい、どこを切っても紛れもないディス・イズ・ジャズと云ったサウンドに嬉しくなってしまいました。最近は特に激しいものを好み、しかもジャズの中でもフリーやオルタナティブなものを吸収し続けていることを当然自覚してはいるものの、やはりかなり偏向的で逆に言えば真っ当なジャズを軽視し過ぎていたキライもあるような気がします。こうなるとこのアルバムのようなサウンドが深く沁み入ってきてホッとする安心感のようなものが甦ってきます。やはり物事に適度なバランスと云うものは大切ですね。

マイク・ルドンは9月末にベニー・ゴルソンとともに来日しており、ブルーノート東京でもステージが観られたようです。マイク・ルドンに対しての経験値も少ない当方ですが、確かにこのアルバムを聴いてもゴルソンのサウンドにはマッチするプレイである事が窺えます。これはフロントに二管を据えたクインテットですが、トランペットのジェレミー・ペルトを除いては複数のアルバムで共演する旧知のメンバーが集っているようです。そういう意味ではジェレミー・ペルトの参加は異質な感じを受けるのでしょうが、サウンドの方は至極真っ当なハード・バップでとても気持ちのよい演奏を魅せており何の違和感もありません。派手な取り回しがない分演奏に深みが増し、スローな曲ではまろやかでコクのある、ある程度寝かせた上等なカレーのようで、スピーディな曲ではスカッとサワヤカなどと云う、どこぞの飲料水の惹句を連想させてしまうような爽快さを感じさせます。ジャズに対する実直さが演奏に滲み出ており好感が持てました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/30(日) 23:50:33|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#740 Same Mother/Jason Moran (Blue Note-CD) | ホーム | #738 Live at the Jazz Standard/Dave Douglas Quintet (Koch-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/758-04846198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。