イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#741 Live at the Zinc Bar NYC/Lonnie Plaxico Group (Plaxmusic-CD)

Lonnie Plaxico - Live at the Zinc Bar NYC

1.Red Light District
2.Emergence
3.Delusion
4.Too Young to Go Steady
5.Emancipation
6.Inner Voice
7.Old Folks
8.Matrix
9.Squib Cakes

Lonnie Plaxico (b,el-b) Jeremy Pelt (tp) Marcus Strickland (ts)
George Colligan (p,key) Nathaniel Townsley (ds)

Rec-2002



このアルバムには対の作品と云ってしまっても差し支えないものがあって、それが『Live at the 5:01 Jazz Bar』(Plax Music)になります。そのアルバムは今回取り上げた作品の全ての曲を含んでおり、録音もほぼ同時期なので互いの聴き比べが出来ます。で、自分の好みはと云えばこれが圧倒的に「5:01 Jazz Bar」に軍配が上がります。プラキシコのライブと云えばそちらばかり寵愛していたのでこの「Zinc Bar」に対しての印象がかなり薄いです。今日たまたま目についたこのCDを重複しない曲の確認も含めて久しぶりに聴いてみようと思いました。確かめてみると自分が反応している部分として、エネルギッシュなプレイであるか否かは勿論のこと、ミキシングの具合やオーディエンスの反応までを指標にしていることに気づかされます。「5:01 Jazz Bar」の演奏はそれらの因子がよりダイレクトに伝わってくるものがあり、音質がイマイチながらも聴き比べると愛聴する理由が明確になります。

ではこのライブはどうなのかと云えば、やはり濃厚なジャズ・ファンク・アルバムであると断言出来ます。ただしどこまでも比較するようなことを述べてしまうと、こちらのほうがグルーヴ感というものが少なめに感じられ、強烈な演奏なのにおとなしくも感じられるのが不思議なくらい「5:01」のキレ具合に半端ないものがあります。そしてその鍵がレコーディング・レベルやミックスの部分で増幅されていることにより、自分の中での差が生まれているように思えてならないのです。まぁクサレ耳と陳腐な装置で当方には二重のハンディがありますから、できれば間引いて理解して貰えれば有難いですが。

このライブは全9曲ですが、「5:01 Jazz Bar」と重複しない曲は5,7,8の3曲のみです。それらの3曲を改めて聴いてみると、5曲目はやはり複雑に交差するメロディとめまぐるしく変わるコードが際立っていますがインパクトとしては他の曲の方があるような気がします。7曲目はジェレミー・ペルトのトランペットを大きくフィーチュアした印象的なバラードでこの部隊からはなかなか連想しづらいメロウな一品です。8曲目はスピード感溢れるストリックランドのサックスとジョージ・コリガンのエレピの煽り具合が何ともカッコいいナンバーです。

全体的には相変わらず予測し難いコード進行とあちこちに飛びまくるフレーズに唸りつつ興奮してしまいます。ブツ切りのセンテンスをオミマイされているような感覚に支配され、その音塊をひたすら受動的に浴びることがこの連中の音楽を聴く上での神髄であると勝手に解釈しています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/02(火) 23:58:53|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#742 Loud... Louder... Stop/The Neil Cowley Trio (Cake-CD) | ホーム | #740 Same Mother/Jason Moran (Blue Note-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/759-e2eddf5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。