イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#743 Beat Reader/Vandermark 5 (Atavistic-CD)

Vandermark 5 - Beat Reader

1.Friction
2.New Acrylic
3.Any Given Number
4.Signposts
5.Speedplay
6.Compass Shatters Magnet
7.Further From the Truth
8.Desireless

-Vandermark 5-

Ken Vandermark (bs,cl) Dave Rempis (as,ts) Fred Lonberg-Holm (cello,electronics)
Kent Kessler (b) Tim Daisy (ds)

Rec-2006



ケン・ヴァンダーマークを知ったのはごく最近のことです。このブログのコメント欄でご教示下さったsheppさん有難うございます。とにかく現在進行形のフリー・ジャズを受け止めたいと云う一心で、試行錯誤しながらミュージシャンを覚え、作品を検索し、MP3を聴いてみて自分に入り込めそうなものから色々と試しています。

ヴァンダーマークのCDでわりと最近のもので入手し易いものという条件で探し、第一候補になったのがこの作品でした。彼の率いるグループである「ヴァンダーマーク・ファイヴ」での作品です。フリー・ジャズのミュージシャンに限らないのでしょうが、どちらかと云うとフリー系のアーティストは様々な編成の複数のグループを駆使し活動しているように感じており、全く知らないど素人が参考書もなく入門すると全貌の把握がかなり難しかったりします。ヴァンダーマークのアルバムで最初に聴いたのがコレですが、続けて聴いてみたのが『4 Corners』(Clean Feed)と云うカルテットのグループで、この作品はそれ以前から楽しんでいたノルウェーの先進的なジャズ・グループであるアトミック(Atomic)というグループのマグヌス・ブルー(マグナス・ブロー)とポール・ニルセン・ラヴの参加によって知ったのがキッカケですので、これにケン・ヴァンダーマークが参加していることが判ったのは完全に後付けのことです。まぁ、色々と聴いていってアーティスト同士の繋がりを知ることが出来るのはとても有意義なことなのですが。

しかしバリトンという楽器はこう云ったジャズには打ってつけであることがよく理解出来る内容です。ヴァンダーマークのブロウは男らしく豪放で、図太い音塊を放出し続けます。彼はココではクラリネットも使用しますがやはりバリトンの印象が強く残ります。他のアルバムではバスクラも使ったりしていますね。他のメンバーで知っているアーティストはいないのですが、フリー・ジャズ初心者の自分にとってのそれ以外のインパクト、ナンバー・ワンはチェロの存在です。アルコ奏法でまさに引っ掻き回されるようなワイルドさと、曲によってはソレにエフェクターを噛ましたアヴァンギャルドさが強烈です。私的な感想ですが全体的なサウンドはそれほどドシャメシャではなく静的な印象もあります。2曲目や5曲目、6曲目や8曲目等は部分的にはリズムもしっかりとしたビートを刻んでいたりするのでわりと聴き易かったりします。そんな中グニャグニャとしたカオスな展開も同様にあって、やはりフリーならではの濃厚なエキスもタップリと含まれています。

個人的には聴き易い部類のフリーでしたが、ヴァンダーマークですらまだまだ未知の作品&グループが底なしに待ち構えているので、混沌とした闇の中を探検するが如くこれから突き進んでいくことを楽しみにしているのです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/04(木) 00:28:44|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#744 The Art of War/Ralph Peterson (Criss Cross Jazz-CD) | ホーム | #742 Loud... Louder... Stop/The Neil Cowley Trio (Cake-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/765-962b9d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。