イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#744 The Art of War/Ralph Peterson (Criss Cross Jazz-CD)

Ralph Peterson - Art of War

1.The Art of War
2.Iner Sanctum
3.Freight Train
4.All My Tomorrows
5.Apocalypse
6.A Choice Not Taken
7.Smoke Rings
8.Portrait of Jenny
9.Monief
10.Big Jimmy

Ralph Peterson (ds) Jeremy Pelt (tp,fl-h) Jimmy Greene (ts,ss)
Orrin Evans (p) Eric Revis (b)

Rec-2001



ココ十数年のジャズの流れを汲むべく貪欲に取り寄せては聴くことを繰り返しています。最近になって接するようになった1990年~2000年代のジャズですが、まだまだ爪の先にも及ばない程度の数の作品にしか触れていないことは自覚しているとは云え、それでもココ一年半ほどで500枚以上のCDを聴くことが出来ました。理解度の伴わない当方には絶対に少ない数の作品をジックリと聴き込む方が正しいジャズの楽しみかたであろうという自覚があるのですが、湯水のように生み出される新譜の数と、すぐに市場から消えていく余りにも短いサイクルのCDばかりという現実の狭間で、情けないことに加速度を増して手を出す自分をコントロールすることが難しくなってきました。今は勢いで暴走し続けていますが、いずれ脱線してしまわないか自分でも予測不可能な状態です。まぁ聴けるうちが華なので取り敢えずは本能の赴くままに行ってみようかと思っていますが。

そんな形で手に入れた作品の中から久々に正統派の2ホーン・クインテットを楽しんでいます。ストレート・アヘッドなプレイが清々しいジャズで、ラルフ・ピーターソンのハードなドラミングとともにグルーヴ感溢れるエネルギッシュなプレイを満喫出来ます。ピーターソンのオリジナルは6曲(1,3,4,6,7,9)で、8曲目以外はメンバーの作品で固められています。若々しく凛とした空気感を維持した辛口の気合いの入った演奏が素晴らしく、曲の交互で絶妙な緩急を付けていく構成で聴く側を盛り上げてくれるカッコ良さです。このラルフ・ピーターソンと云うドラマーは痛快無比なテクニックで聴き手を常に鼓舞してくれます。この人のタイコをオミマイされるとどうしても前のめりに傾斜する自分を抑えることが出来ません。全体的には比較的クールに執り回されるフロントのホーン陣のプレイとの対比によってさらにその感を強くします。その二管は自分にとってはお馴染みになったジェレミー・ペルトとジミー・グリーン。振り返れば新たに取り寄せたジャズ作品のなかで、ジェレミー・ペルトがトランペッターとして参加している比率が異常に高かったりします。好みのプレイヤーであるのでそれは当然なのですが、ちょっとバランス的にどうかとも思うようになってきました。ジミー・グリーンに関しては未だワン・ホーンでの作品を聴いたことがないのでコレは今後の課題です。刺々しさをさほど感じないペルトのマイルドな音色にグリーンの力強い擦れたテナーが良い味わいを加味しています。そしてパワフルさとエレガントさを同居させたオリン・エヴァンスのピアノと深く沈み込むエリック・レヴィスのベースがガッチリと脇を固めます。

曲が進むにつれてアグレッシヴさの増すピーターソンのドラムに悶絶必至の内容です。あまりの存在感にチビりそうになります。特に9曲目、10曲目のドラム・ソロは思わず笑えてきます。圧倒的なモノを目の当たりにすると当方の場合はアホの子のようにヘラヘラしてしまいます。悲しいかなこのアルバムのピーターソンで当方はアホの子になってしまいました。こういうのを生で観ることが出来ると失神するかもしれません。そのおこぼれを頂戴するためにこの後YouTubeで検索をしてみようと画策中です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/05(金) 23:33:14|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#745 Big Picture/Trio M (cryptogramophone-CD) | ホーム | #743 Beat Reader/Vandermark 5 (Atavistic-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/766-c72c42fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。