イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#745 Big Picture/Trio M (cryptogramophone-CD)

Trio M

1.brainFire and bugLight
2.For Bradford
3.Naive Art
4.Big Picture
5.Modern Pine
6.Secrets to Tell You
7.FreeKonomics

-Trio M-

Myra Melford (p) Mark Dresser (b) Matt Wilson (ds)

Rec-2006



これ迄にどのくらいの枚数のCDを買ったのか想像もつきません。自分は音楽に関しては何でも屋であるのでジャズはもちろん、ロックやポップス、ラップやテクノやソウル、日本のポップスやフォーク、さらにはアジアンポップスや中近東のワールド・ミュージックまで節操もなく買い倒してきました。CD以外にもジャズの中古や新譜のレコードや、ヒップホップやテクノ等のいわゆる12インチ・シングルなどのビニールまで。恐らく万に近い数千枚は買っていますが置き場所の問題と度重なった引っ越しの為にその大半もその都度処分してきました。今では手に入らず後悔するようなモノも数えきれないくらい処分したので今更聴きたくなっても後の祭りです。先日まで大騒動だったタイへ赴任中はジャズなど聴こうと思っても聴ける環境ではなかったので、当然タイ・ポップスや向こうでの演歌のような位置づけである、モーラムやルークトゥンまでに手を出すと云う際限のなさです。実際そのほうがローカル・スタッフとの関係も築けたので音楽好きにとっては一石二鳥だったりします。そんな過去の変遷が少しとは云え未だに手元に残っていたりしてたまに眺めたりしています。

そんな感じてひたすらCDやレコードを現在進行形で購入し続けていますが、特に輸入盤を買ってみて気づいた異変は数限りなくあります。もう驚くこともなくなりましたが一番多いのはケースの破損や爪折れで、あまりに頻繁におきるので怒りもおきなくなってきました。それとともに盤にキズが付いていることも稀にありますが、それも再生出来れば問題なしというスタンスまで悟りをひらけるような仏のオッサンと今では化しています。それとよく判らないのは新譜のシュリンクを開けてみてジャケとCDに指紋がベットリと付いていることがたまにあったりします。うがって考えれば何となく理由が判りますし、「そんな時には丁寧に扱えよ!」と怒鳴りたくもなりますが流石に向こうの連中はそこらへんはガサツに出来ているのかも知れません。ありそうで一度もなかったのは中身違い。中古レコードの中身違いは数回ありましたが新譜のCDに関しては今のところ経験がありません。そんな中で一番ビックリしたのは「コクトー・ツインズ」(Cocteau Twins)と云うUKのグループのマキシを買った時に中身のCDがただの透明な円盤だったこと。当然かかるわけもなく唖然としたことを思い出しました。そして前置きが長かったですが今日取り上げるこの盤でまたまた初めての経験をしてしまいました。

先日引っ張ってみたこのアルバムはフリー系の女流ピアニスト、マイラ・メルフォードを含めたメンバー3人の頭文字をグループ名にしたピアノ・トリオです。彼女は藤井郷子や橋本一子等の日本の女性ピアニストとの共演もあるようですね。でこのCD、中身が2枚入っていました。全く同じもの2枚です。以前「スレイド」(Slade)と云うUKのロック・バンドのCDを買った時には同じジャケが2枚入っていたことがあります。いや、ジャケのダブりは数回ありましたが、それらの詳細までは思い出せません。ただ今回のようにトレイにCDが2枚重なって収められていたことは初めてです。得なのでしょうが嬉しくも何ともありません。もう一枚が違う中身であれば少しは得したような気分になるかもしれませんが。

本題に入るまでウダウダと御託を並べてしまいました。マイラ・メルフォードの作品はこれより先にBe Beard名義の『The Image of Your Body』(Cryptogramophone)を聴いています。この作品にはベトナム系トランぺッターのクォン・ヴーやベースのツトム・タケイシなどの先鋭的なアプローチを信条とする大好きなプレイヤーが名を連ねていたので購入したのですが、アグレッシヴに攻めるような曲ではなかったので個人的にはまだ良さを見出せずに苦戦していました。では目先を変えてピアノ・トリオではどうなのかを確かめてみたくなったのです。パワフルなベーシスト、マーク・ドレッサーも参加していることに期待が持てます。

通して聴いてみて、エレクトリックな処理で表現された前述の作品よりはアコースティックなこのアルバムの方が本質が見え易いような気はしました。ただ、女性だからなのかスタイルなのか迫力の面では自分の描いていた演奏よりも少し物足りなく、ガンガン攻めるよりも実験色の強いタイプのアーティストなのかもしれないなぁ、と感じるようになってきました。まだ彼女のアルバムを2枚しか聴いていないので結論づけるわけにはいきませんが、エレクトリックにしろアコースティックにしろ向いている方向性が同一であるように感じています。エネルギーの爆発でドッとなだれ込むような演奏ではなく互いの駆け引きに重きを置いた演奏で、自分の好む解り易い直情的な演奏ではありませんでした。もちろん敬遠するようなものではなく、氷を溶かすように少し時間を掛けてこの演奏のやりとりが解るようになりたいという願望を持っています。シリアスな張りつめたテンションを早く理解出来るようなオッサンになりたいと課題を突き付ける作品でした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/06(土) 03:46:26|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#746 Happy New Ears !/Atomic (Jazzland-CD) | ホーム | #744 The Art of War/Ralph Peterson (Criss Cross Jazz-CD)>>

コメント

新品なのに指紋べったりは一度ありました。
パソコンで読み込めなかったり、再生もままならなかったので、交換してもらいました。
こういう時、海外の業者だとニュアンスを伝えるのが難しくて、ちゃんと伝わったのか少し不安がありますね。
  1. 2008/12/06(土) 10:37:21 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんにちは。

>新品なのに指紋べったりは一度ありました。

これ、なんなんでしょうね(笑)。明らかにイジられた形跡のあるものがたまにあるので憤慨してしまいます。

>海外の業者だとニュアンスを伝えるのが難しくて、ちゃんと伝わったのか少し不安がありますね。

PCへのリッピングのエラー率も輸入盤は比較的高いですよね。英語がてんで駄目な人間なので海外との取引を一切しないのですが、これはストレスが堪りそうですね。自分だと泣き寝入りしてしまいそうです(汗)。
  1. 2008/12/06(土) 14:16:44 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

こんばんは

ぬどいさん、こんばんは。

CDのトラブルって、結構ありますよね。
自分の場合は全く再生できなかったことが一回、
取り出そうとしたらパリンと割れてしまったことが一回ありました。
海外から取り寄せるときはケース割れはもうはじめから諦めています。
中身が無事であればそれで良しと。 

ところで、このTrio M気になっていたんですけど実験色の強い感じなんですか、、、
ジャケ買いしようかと思っていたんですがちょっと躊躇しますな。
う~~~む、どうしよう。 (笑)

ではでは。
  1. 2009/05/03(日) 20:17:04 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

nanmo2さん、こんばんは。

>CDのトラブルって、結構ありますよね。

もう、しょっちゅうですね。殆どがケースの破損ですが、ジュエル・ケース(プラスチック・ケース)の場合はどんなにひどい状態でもクレームを入れずに自分のほうで差し替えています。店頭で買う場合は事前にチェック出来ますが、通販の場合は押し付けられて終わりです。私も大体諦めてしまいますね。ただデジパックの場合は代替品が使えない場合が多いので、極端にひどいものは交換してもらっています。ただし大半が外盤なので在庫が無い場合は交換に数ヶ月待たされたりして例外なくウンザリさせられますが。

この"Trio M"なんですが、この記事を書いた時点はマイラ・メルフォードの特質がイマイチ把握出来なかったので上記のような内容になりましたが、その後色々聴いてみると、いたって彼女らしいと言いますか突飛なことを演っている訳ではないことがわかりました。フリー系のピアニストですがアブストラクトな部分はそれほどでもなく、重厚なリズムの上でダークな響きを聴かせてくれます。個人的にはマット・ウィルソンのドラムに痺れますね。
  1. 2009/05/03(日) 21:59:15 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/767-3d38b1b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。