イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#750 The Heart of Things - Live in Paris/John McLaughlin (Verve-CD)

John McLaughlin - The Heart of Things

1.Seven Sisters
2.Mother Tongues
3.Fallen Angels
4.The Divide
5.Tony
6.Acid Jazz

John McLaughlin (el-g) Gary Thomas (ts,ss) Otmaro Ruiz (key)
Matthew Garrison (el-b) Dennis Chambers (ds) Victor Williams (perc)

Rec-1998



ここのところしつこいくらいにアトミックのネタで引っ張っていましたが、ちょっと趣旨を変えてこのようなアルバムを聴いています。実はアトミックが都内でライブを演った先週の土日(6日・7日)にかけて、もう一つ観たかったライブが重なっていたのです。さすがにこちらの方は断念したのですが、少し未練もあったりして往生際の悪いことこの上ない状態です。

ジャズというよりもフュージョンですが、ギタリストのディーン・ブラウンが4日~7日にライブを演っていました。それはギター・トリオだったのですが、サイドにベースのウィル・リーとドラムのデニス・チェンバースという個人的には垂涎のメンバーが名を連ねていました。特にファンク・マスター、デニス・チェンバースは約20年前にジョン・スコフィールドと来日したときの人見記念講堂でのステージを観ているのですが、その存在感と圧倒的なパワーによって失禁するくらいに激しく興奮し、それ以来その勇姿が目に焼き付いて離れないという強烈な体験をしています。その時のステージがジョン・スコフィールド名義の『Pick Hits Live』(Gramavision)というCDになっていて、全ての音源を抑えたコンプリート盤まで後追いでリリースされたりしています。その時にも演奏されていた長尺のドラム・ソロがある"The Nag"という曲があるのですが、それとほぼ同時期のものと思われるデニ・チェンのドラム・ソロの2分程度の極僅かな断片がYouTubeにアップされていました。思わず懐かしく見入ってしまいましたよ。

その後に環境の変化でしばらくジャズやフュージョンからは遠ざかっていたので個人的には彼の変遷はプッツリと途切れていたのですが、最近になってそれ以降の音源を取り寄せています。例えばスティーブ・カーンのところでのものとか、このマクラフリンとかを今になってヒイヒイ言いながら聴いています。やっぱりカッコいいですね。

東京で観たジョン・スコのライブから約11年後のここでのデニ・チェンも変わらずにパワフルでした。これはマクラフリンのパリでのライブ盤ですが、この頃はゲイリー・トーマスが加わっているんですね。楽器からもメンバーからもどちらかと云えばコンテンポラリーな内容であることが判りますが、決して甘さをみせずにスピード感を伴ったスパイスの効いた演奏で嬉しくなります。マクラフリンの早弾きとゲイリー・トーマスのサックスが触発し合いテンションの高さがみなぎっています。それとこういうサウンドにはやっぱりエレベがマッチしていますね。ギター張りの演奏で応戦していて、まさにベース・ギターと云った演奏です。デニ・チェンのドラムもパワフルで重々しく、お得意の強烈なソロは5曲目で聴くことが出来ます。

マクラフリンはこのグループ以前にジョーイ・デフランセスコとオルガン・トリオを演っておりそこでもやはりデニ・チェンを起用しているのですが、おそらくその頃のステージでの映像と思われるデニ・チェンのドラム・ソロがYouTubeにアップされていました。コレまた粘っこいビートで圧倒されてしまいます。

ドラム視点で云々したついでに最後にもう一つ。デニ・チェンとは関係ないけど、ちょっと笑ってしまったオマケのドラム・ソロ。彼が16歳ってホント?終盤はほとんど曲芸の域です。絶句。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/11(木) 23:58:09|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#751 A World of Piano !/Phineas Newborn Jr. (Contemporary) | ホーム | #749 Concentric/John Butcher & Paal Nilssen-Love (Clean Feed-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/772-8e867c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。