イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#752 Adjust/Gerald Cleaver (Fresh Sound New Talent-CD)

Gerald Cleaver - Adjust

1.Hover
2.The Wheat and the Tares
3.Force of Habit
4.Way Truth Life
5.Chinese Radio
6.Sight
7.Veil

Gerald Cleaver (ds) Andrew Bishop (cl,ss,ts) Craig Taborn (org,key)
Ben Monder (g) Mat Maneri (viola) Reid Anderson (b,el-b)

Rec-2000



間違いなく今までのジャズでは味わえなかった新しい何かを感じさせるものがあるということをこのCDのレビューからから読み取り、引っ張る前から期待をしていました。ドラマーのジェラルド・クリーヴァーの名前はその記事によって初めて知ったのですが、メンバーにクレイグ・テイボーンやバッド・プラスのリード・アンダーソンの名前があったのでさらに期待をしていました。レコーディングから既に8年が経っていますが、この辺りのジャズをリアル・タイムで体験出来ていない当方にとっては全て新譜と同様であるので、また新たなアーティストに触れることが出来ると云う嬉しさが増幅して押し寄せてきます。

そして期待通りの指向性に思わず唸ってしまいます。アプローチとしてはこのようなタイプのものは今ではそれほど珍しくはないと思うのですが、やはり節々に斬新さは感じさせてくれて一聴してただならぬ雰囲気に息をのみます。先ず耳に飛び込んで来るのはジャズらしからぬギターに掻きむしられるヴィオラ、そして実に攻撃的で爆発力のある、これまたジャズを連想させないドラムが凄いことになっています。怪しげにコード・チェンジするグニャグニャしたサウンドと予測不可能な旋律にシリアスに暴発する面々。混沌とした渦の中に投げ込まれるような感覚に支配されます。

ジェラルド・クリーヴァーのドラムはゴツくて音もデカく最高です。重々しく破壊的なドラミングが不規則なテンポとともに突進してきます。そこへベン・モンダーのブチ切れたギターがハウリングとともに唸り声をあげ、マット・マネリの常識を覆すヴィオラがモンダーのギターとともに暴れ回っています。怪しげな世界を演出するのはクレイグ・テイボーンも同様です。彼が現在のような演奏スタイルになる前はフリー・ジャズ畑のプレイヤーだったそうで、その足跡を感じさせる柔軟なプレイをこの作品でも魅せてくれます。アンドリュー・ビショップと云うサックス・プレイヤーは多分初めて聴いたと思うのですが、変幻自在のサウンドに容易く対応する力量はなかなかのものです。リード・アンダーソンのベースはこの作品ではエレベのほうが存在感があるように感じました。トータル・サウンドからしてもインパクトは抜群ですが、主役のクリーヴァーの爆発するドラムは2曲目や5曲目辺りが最高潮で、一発一発の強烈な打撃をスネアにおみまいするが如き豪快さです。

個人的に大好きなフレッシュ・サウンド・ニュー・タレント(FSNT)と云うレーベルですが、ジャズにサムシング・ニューを加味した作品が沢山リリースされているので、どんどんと探りを入れたくなる欲求が高くなるレーベルです。モダン・ジャズでもフリー・ジャズでもフュージョンでもないオルタナティブなサウンドが刺激的で、こういう濃厚な音楽を聴くと血流が早くなってしまいます。その分聴く人を選ぶタイプのジャズと云うことになろうかと思うのですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/13(土) 19:22:25|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#753 Sketch of Tel Aviv/Third World Love (Small Records-CD) | ホーム | #751 A World of Piano !/Phineas Newborn Jr. (Contemporary)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/773-838284a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。