イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#758 9.9.99/Per Henrik Wallin Trio (Stunt-CD)

Per Henrik Wallin - 9.9.99

1.Squatty
2.Thelonious
3.Ask Me Now
4.Elegy
5.The Question of Evoking Social Disturbances is also a Question of Mental Health
6.What Time
7.Ryssland / Vastgotajazzen
8.Bye-ya
9.9.9.99
10.Work
11.For Heaven's Sake
12.We See
13.Mutterlein / Answer Me
14.Little Rootie Tootie

Per Henrik Wallin (p) Peter Janson (b) Leif Wennerstrom (ds)

Rec-1999



自分にとっての訴求力のある作品というのは、善かれ悪しかれ極端な事象を含めた、ある意味異質さを感じさせるものに惹かれる傾向があるようです。この作品の主人公ペル・ヘンリク・ヴァリンというピアニストもその人の数奇な運命に興味を惹かれました。

彼はスウェーデン人でキャリアは結構長く1975年から自身のリーダー作をリリースしており、1987年までは比較的コンスタントに作品を発表し続けていたようです(ここまでの枚数にして13枚)。しかし1988年に事故で半身不随となってしまい、リハビリの末に3年後の1991年に『Dolphins, Dolphins, Dolphins』(Dragon)でカムバックします。事故以降は車椅子での演奏を余儀なくされたそうですが、カムバック直後に今度は大病し、再び復帰したのが1998年の『Blues for Allan』(Flash Music)という作品まで期間があいてしまいます。そしてその作品の次に発表されたのがこの作品になります。米Wikiに依れば2005年の6月に亡くなられているようで、彼にとって試練のような人生はいかなるものだったのか、当方のような凡人には推し量ることも出来ません。この作品でも車椅子でピアノに向かう彼の姿が写っており、演奏家の執念のような鬼気迫るものを感じてしまいます。

そんなバイオを過去に読んでいて、このことがどうしても脳裏から離れなかったので、彼のアルバムを取り寄せてみようと思い立ち最初に引っ張ってみたのがこの作品でした。意味深なタイトルはなんのことはなく、1999年9月9日にデンマークはコペンハーゲン・ジャズ・ハウスでのライブ録音ということで、いわゆる英表記で日付を記すとこのようになります。ただ9曲目に同タイトルのトラックも収録されています。

一聴してモンク的なピアノに心を奪われます。実際にモンクの曲を6曲(2,3,8,10,12,14)も取り上げ、彼のオリジナルも4曲(5,6,7,9)収録されています。6曲目はピアノ・ソロで7曲目はピアノとベースのデュオです。異質に響く彼のピアノは不協和音とともにゴリゴリと押してきます。若干のたどたどしさを伴いながらも一音一音の打鍵が強く、モンクがシリアスに迫っても出せないような独特の雰囲気が滲み出ているように感じるのは、予備知識が植え付けられたことによる錯覚なのでしょうか。リズムの二人に派手さはないですが戦うピアニストに適切なアシストを施していて好感が持てます。ピアノと真摯に向き合う演奏は彼の機微をも感じさせる深いもので訥々とした自己表現の世界に酔いしれます。

これを聴いたことによって、果たしてハンディを負う前の演奏はどういうものなのかを知ると云う課題が出来ました。トラディショナルなものからフリー・ジャズまで幅広く吸収したそうですが、改めて彼のスタイルを確かめてみたくなりました。ただそれらは20年以上前の作品と云うこととヨーロッパのマイナー・レーベルでのリリースが殆どなので、作品を手に入れられるかどうかは結構難しそうな気もします。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/19(金) 23:40:25|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#759 Shapes and Shadows/Speicher - Wolf - Grassi (Clean Feed-CD) | ホーム | #757 Miles in Tokyo/Miles Davis Live in Concert (Columbia)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/778-15a3c531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。