イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#770 Catch of the Day/Matt Penman (Fresh Sound New Talent-CD)

Matt Penman - Catch of the Day

1.Astrolabe
2.Channels
3.Hot Yoga
4.New Age
5.Frosted
6.Haven
7.Waylo
8.Nectarous Master

Matt Penman (b) Seamus Blake (ts,ss) Aaron Parks (p) Eric Harland (ds)

Rec-2007



今年購入したCDはリリース時期にかかわらず、自分にとっては殆どが新録と同様であり新譜と同じ意味合いであると云うスタンスで聴いていました。ジャズにブランクを生じさせた当方としては、ここ十数年のジャズの動向を全く知らず学習中の身の上であるので、アナログ時代に出ていた復刻モノを除いて、CDと云うメディアでリリースされているものの殆どが、それこそアーティストを聴く上に於いても予備知識が一切備わっていない状態から購入したものが全てと言っていいぐらいでした。ですから1990年代のアルバムでも今年(2008年)の新譜でも、新旧という尺度が自分にとってはあまり重要ではなく、全て同じ観点から楽しんだような気がします。そういう意味では自分にとって2008年のベストをセレクトするというのは、当然の如く新旧が混合してしまうのであまり意味を為す作業ではないようです。

振り返れば新たに生み出されてきたジャズにとても刺激を受けた一年でした。年間で約350枚を購入しその全てを聴き倒した濃厚な一年となりました。自分でもこんなに嵌り込むとは当初は考えていませんでしたが、やはりジャズの魅力と云うか魔力と云うか、己に潜在的に備わっていたジャズへの欲求に対し、彼らからの比類なき誘惑攻撃を受けそのまま流されたような一年でした。結果、ここ数十年で一番ジャズを聴けた年でもありとても満足しているのですが、理解力の向上は相変わらずの課題になっています。

ラストに取り上げるこのアルバムも一応今年の新譜になるのでしょうか。先月行われていたアーロン・パークスのメンバーとしても来日していたニュージーランド出身のベーシスト、マット・ペンマンのカルテットによる年初にリリースされた作品。このアルバムがアーロン・パークスの近作『Invisible Cinema』(Blue Note)と同様、個々のプレイはもちろん素晴らしいのですが、トータル・サウンドも重視した作りになっていて、どこか心に引っかかるメロディに自信みなぎる確固たるスタイルを提示する演奏に好感を持ちました。来日公演にはその両者が観れるとあって期待も高まっていたのです。そもそも両者のアルバムはメンバーも殆どが共通で、このアルバムのサックスのシーマス・ブレイクが、アーロン・パークスのアルバムではギターのマイク・モレノに変わっているだけなのです。やはり共通のドラマーであったエリック・ハーランドが来日しなかったことは残念なところです。実際のライヴは作品に比較的忠実な演奏であり冒険は少なかったのですが、彼らの実直な姿勢とマット・ペンマンの存在感の大きさを実感出来て納得のステージになりました。ペンマンが演奏後に知り合いと思しき外国人一行とニコやかに談笑していた姿が眼に焼き付いています。

沢山の作品に接することが出来た一年でしたが、ライブは結局上記を含めた3本しか観ることが出来ませんでした。その分CDの探求に拍車がかかったことは否めないのですが、来年はもう少し生演奏の魅力を探求すべく、可能であれば上京する機会を増やしたいなぁと画策しています。少なくとも東京はジャズの生演奏を体験出来ると云う意味においては有数の都市ですので、この機会を少しでも捉えていければと考えています。

最後に沢山の感動を与えてくれたフレディ・ハバード有難う、そしてお疲れさまでした。安らかにお眠り下さい。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/31(水) 16:47:43|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#771 Live at Bla/The Thing (Smalltown Superjazzz-CD) | ホーム | #769 Continuo/Avishai Cohen (Razdaz-CD)>>

コメント

今年1年、大変お世話になりました。
1年で350枚ですか~。
ほぼ毎日1枚ずつ買ってることになりますね。(笑)
そこまでたくさん買ったことないです。

来年もなにとぞよろしくお願いします。
来年は、どこかのライブ会場ででもお会いでれば良いですね。
  1. 2008/12/31(水) 21:20:00 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

こちらこそ大変お世話になりました。はっきり言って買い過ぎです(笑)。それと改めて一枚一枚のしっかりとした聴き直しが必要な状態です(笑)。本来ならもう少し一枚に対して関わる時間を長くすべきなのでしょうが、今年は変に拍車がかかって手当り次第に首を突っ込んだ一年になりました。来年はある程度セーブして行きたいと思っていますが、実際にどうなるかは自分でも自信がありません(笑)。

>来年は、どこかのライブ会場ででもお会いでれば良いですね。

そうですね。今年はライブの良さを改めて実感出来た一年でもありました。pioさんのブログを拝見していて、よく観ておられる南さんや芳垣さんのライブも一度体験してみたくなりましたよ。日帰りが出来ると助かるのですが、新宿だと午後10時を過ぎると帰れなくなってしまうんですよね~。つくづくフットワークの軽いところへ住みたいなぁ、と無理な妄想をしてしまいます(笑)。

改めて一年間お世話になりました。そして翌年もどうぞ宜しくお願い致します!
  1. 2008/12/31(水) 22:10:12 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/787-94c8e8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。