イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#773 Sunny Days/Yoonchan Kwak (EmArcy Korea-CD)

Yoonchan Kwak - Sunny Days

1.Stella by Starlight
2.Autumn Leaves
3.Fish and Cake
4.Sunny Days
5.Ceora
6.I Can't Get Started
7.How Insensitive
8.Blue Shrimp
9.My Funny Valentine

Yoonchan Kwak 곽윤찬 (p) John Clayton (b) Jeff Hamilton (ds)
Clay Jenkinson (tp→only5,8) Jim Hershman (g→only4,7,8)

Rec-2000



韓国のピアニスト、クァク・ユンチャン(곽윤찬)の初リーダー作品。基本はピアノ・トリオですが曲によってギターやトランペットが入り、編成がカルテットになったりクインテットになったりと変化を与えます。ラストの9曲目はピアノ・ソロになります。このファースト・アルバムと自主レーベルでのセカンド『Daisy』(Blue Shrimp)は、後にBlue Note EMI Music Koreaからジャケットを変更し2006年にリイシュー盤が出ているようです。サードアルバムで、ジョン・パティトゥッチのベースにナシート・ウェイツのドラムで吹き込まれた『Noomas』(Blue Note EMI Music Korea)は前号のジャズ批評146号にも取り上げられていました。また2007年録音の近作『Yellowhale』(Blue Note EMI Music Korea)も既に流通していますが、あまり一般的な量販サイトのルートでは扱われていないようで、韓国専門のCDウェブ・ショップでは見かけられます。このアルバムのライナーはハングル表記なので当方には全く読解不能でした。英語でも往生するのに。

しかしながらデビュー作から名うてのミュージシャンと共演していますよね。このアルバムはロスのキャピタル・スタジオで録音されています。彼のオリジナルは3曲(3,4,8)で、それ以外は定番中の定番ナンバーが並んでいます。実に良く弾みスウィングするピアノですが、アプローチは極めてオーソドックスに聴こえます。ですので個人的には目新しさよりも安心感が先にきます。アグレッシヴさよりも丁寧さを感じさせ、プレイは流暢で淀みなくタッチも軽快でジックリと弾き込むタイプのようです。ジョン・クレイトンのベースもジェフ・ハミルトンのドラムもクァク・ユンチャンのピアノを引き立てる役に回り、献身的なプレイであまり前面には出てきません。ギターは7曲目ではボッサ・テイストのアプローチで演奏にアクセントを与え、トランペットは5曲目で朗々とリー・モーガンの名曲を唱います。全体的にはシンプルで明解ながらも曲の活かし方が上手くて、自然と演奏に乗せられてしまう表現力には唸らされるものがあります。まだこの作品とサードの2枚のみしか聴けていないので、これからどのように変貌して行くのか、それともこのスタイルで突き進むのか興味深いものがあります。

音楽はジャズに限らず何でも屋であり、ジャズに関しても枠を設けずに楽しみたい当方にとっては韓国のみならず、どのくらい存在するのか判りませんがアジアの他の国々のミュージシャンにも関心が向くところです。韓国のジャズと云えばカン・テーファンぐらいしか馴染みがなかったのですが、調べてみると意外に沢山のアーティストの名前が引っかかってきます。その中で認識しているアーティストは残念ながらいませんでしたが、自分が知らないだけでしっかりとしたムーヴメントが形成されているようですね。このレーベルである韓国ブルーノートにはギタリストのCJ Kim (Chanjun Kim)(씨제이 김)の『Stranger's Tears』なんてアルバムもあったりしてなかなか面白そうです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/03(土) 23:39:10|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#774 My Foolish Heart - Live at Montreux/Keith Jarrett (ECM-CD) | ホーム | #772 For Sentimental Reasons/Bobby Hutcherson (Kind of Blue-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/789-a29c1b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。