イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#778 Body and Soul/Marian Petrescu (Hot Club-CD)

Marian Petrescu - Body and Soul

1.Beautiful Love
2.Corcovado
3.Funk 2000
4.Body and Soul
5.Mr PC
6.Here's That Rainy Day
7.Marylebone Road
8.Lover Man
9.If I Should Loose You
10.Yhere's No Greater Love
11.Indiana

Marian Petrescu (p) Andreas Oberg (g) Mihai Petrescu (b)
Hakon Mjaset Johansen (ds)

Rec-2006



ルーマニア生まれのピアニスト、マリアン・ペトレシュのカルテット。彼の演奏はこのアルバムにも参加しているギタリスト、アンドレアス・エーベルグ(Andreas Oberg)の作品で何度も耳にしてきた。・・・はずなのですが、正直に言います。彼のピアノに対してあんまり印象が無かったのです。エーベルグのリーダー作全4枚の作品中、カルテットでの『Young Jazz Guitarist』(Hot Club)と、大胆にストリングスやオーケストラも導入した『My Favorite Guitars』(Resonance)の2枚にペトレシュは参加していて唯一無二のグループ・パートナーであるはずなのですが、何せエーベルグのギターが呆れるほどの超テクでそちらばかりに耳がいってしまうと云う、当方にとってペトレシュには何とも分の悪いマッチングになってしまっています。モダンなプレイも圧倒的でしかもジプシー・ギターの担い手でもあるエーベルグは、鑑賞値の低い当方の駄耳に猛烈なインパクトを食らわし、もはや演奏の全体像を掴み取れなくなってしまうほどに度肝を抜かれました。さて、上記の2作と同様にエーベルグのギターがフィーチュアされたペトレシュ名義のこのカルテットはどのような感じなのか、ペトレシュが「おのれ、何を聴いていたんだ!」と私の頬を張り倒すのか。

で、見事に張り倒されました。しかも鼻血が出ました。当然のことながらピアノが全面に出てきています。そしてゴリゴリと弾きまくっています。とても力強く繊細さも持ち合わせています。あれぇ、こんなに凄かったっけ?こりゃ前述の作品を聴き直す必要がありそうです。そして猛省をしなければならない様です。まぁ、本来ならあたり前と言った方が良いのでしょうか、エーベルグのお株を奪ったパワフルでエネルギッシュな演奏で、またスピード感に溢れており流暢で雄弁な指捌きです。あまりに良いので唸ってしまいました。叙情派というよりはどちらかと云うと強打使いのテクニシャンです。そう、派手なエンターテイナーのギタリストと同様に。エーベルグのギターもやはり主張してきますが、このアルバムではペトレシュの豪快でゴージャスなピアノの引き立て役に回らざるを得ない状況です。ミハイ・ペトレシュのベースが若干埋もれ気味に聴こえるのが残念ですが、ホーコン・ミョーセット・ヨハンセンのドラムはピリッと効いていてシビれます。

と、ココまで書いて何だか互いのアルバムで単にリーダーを引き立てているだけのような感じもしてきました。どちらの潜在能力もずば抜けたものがあることはこの作品によって承知したのですが、改めて検証し直さなければならないようですね。「何を偉そうに、このイカレ耳が」との声が何処からか聴こえてきて・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/08(木) 23:31:18|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#779 The Fo'tet Augmented/Ralph Peterson (Criss Cross Jazz-CD) | ホーム | #777 Camel Walk/Maria Kannegaard Trio (Jazzland-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/793-b0e5c89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。