イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#781 Gretchen Parlato (Gretchen Parlato Music-CD)

Gretchen Parlato

1.Skylark
2.Flor de lis
3.Come to Me
4.Nonvignon
5.Ela e carioca
6.Chega de Saudade
7.Benny's Tune
8.Juju / Footprints

Gretchen Parlato (voice,perc) Aaron Parks (p) Lionel Loueke (g,voice)
Massimo Biolcati (b) Cafe (perc)

Rec-2004



昨日のマーク・ターナーの記事で触れたブログの主であるアーロン・パークスは自身のカルテットで昨年末に来日し、その初日のステージを当方は観ることが出来たのですが、早くもまた来月(2月3日~6日)にグレッチェン・パーラト(グレチェン・パーラート)のグループで再来日するようですね。このグレッチェンのアルバムもボッサ・テイスト溢れる佳作でなかなか良かっただけに観に行きたいなぁと願望が募りますが、なんと彼女のステージの模様が昨年に再放送も含めてNHK-BSで数回放送されていたようで、テレビに疎い当方はそのどちらも見逃し誠に遺憾な事後報告をウェブで確認したのでした。はてさてコレは自分の眼で観ろと云う暗示をかけられているのでしょうか。一応アナウンスではアーロン・パークスを含むピアノ・トリオ+ヴォーカルとして来日するのですが、このアルバムで聴かれるリオーネル・ルエケのギターとヴォイスの無いサウンドはかなりもの足らんような気がする、と勝手な想像をするのですが如何でしょうか。少なくとも根本的に違う印象になるような気もするのですが。かといって興味がそがれるということも無いのですがね。

何とも心地よい内容です。5分前後のコンパクトに纏まった全8曲で今どきのCDとしては短く感じられるかも。グレッチェンの真綿のように軽い風合いのヴォーカルが絶妙で、ルエケの爪弾かれるギターとヴォイスにとてもマッチしており、全体的には明らかにこの二人の世界がこの音楽を支配しているような感じがします。中には実際に二人のデュオという形をとった演奏(6曲目)もありますしね。ジャズ的要素も見せつつ、よりボッサの風格を感じさせる作品になっていると思います。曲目もルエケのオリジナルやアントニオ・カルロス・ジョビン、ブラジリアン・ポップスのジャヴァンやアイスランドの歌姫ビョークまでと多岐にわたっています。そして最後の〆はショーターで。何でもアリと云うことではなく一本筋の通った彼女のカラーがしっかりと表現されており、惹き込まれるものがあります。

久しぶりにヴォーカルもの、しかもボサノヴァを聴いていましたが、このサウンドを吸収していると寒いこの時期でも何故だかヌクヌクと心地よくなるものですね。加味されたパーカッションのポコポコした音によってその効果がさらに高められているような感じもします。若干の気怠さも漂わせたこの雰囲気はホット・コーヒーとともに寛ぐのが当方にとってはベストのようです。あぁ、好い塩梅です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/11(日) 23:29:59|
  2. Vocal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#782 Humming Bird/Paul Gonsalves (Deram-CD) | ホーム | #780 In This World/Mark Turner (Warner Bros.-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/796-9e8815f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。