イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#76 The Printmakers/Geri Allen Trio (Minor Music)

Geri Allen


A
1.A Celebration of All Life
2.Eric
3.Running as Fast as You Can...TGTH
4.M's Heart

B
1.Printmakers
2.Andrew
3.When Kabuya Dances
4.D and V

Geri Allen (p) Anthony Cox (b) Andrew Cyrille (ds,mouth-perc,tympany)

Rec-1984



個性的なピアノの解釈が痛快な作品。ジェリ・アレンの初リーダー・アルバム。A-1のマウス・パーカッションで意表を衝かれその後に出てくるピアノはこれまたパーカッシヴで盛り上がります。A-3は若干前衛的なアプローチを見せ、A-4はエモーショナルなピアノ・ソロで聴き手に迫ります。タイトル曲のB-1は白眉の出来です。女性ながら男性的な力強くスリリングな傾向がこのアルバム全体に漂っています。

活動の初期にアート・アンサンブル・オブ・シカゴ系のミュージシャンとの競演やソウル、レゲエなどジャンルを越えたアーティストとの競演など多岐に活躍しており、以後の彼女の奥行きの広さ、可能性を感じさせる重要な経験ではなかったかと思います。今なお一線で活躍する彼女のデビュー作は発売当時も高く評価されていて、今でも色褪せない輝きを放っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/06(土) 00:50:52|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#77 To My Queen/Walt Dickerson (New Jazz) | ホーム | #75 Saxophone Supremacy/The Sonny Stitt Quartet (Verve)>>

コメント

もう20年前になるのですね

こんにちは、おじゃまします。

ちょっと調べてみたのですが、ジェリ アレンも今年で50歳になるようです。
生硬な感じがあるものの面白いピアニストが出てきたなと
このアルバムを聴いた時に感じたのを覚えています。
ピアノのスタイルは置くとして、
彼女のミュージシャンとしての資質はハービーハンコックに
似ているのではないかなと思います。
近年のテラークのリーダー作では彼女のピアノのノリに
熟成した独自の物を感じられるように思います。
これからこそ楽しみなピアノではないかなと期待しています。
  1. 2007/01/07(日) 01:49:46 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

近作聴いてみようと思います

>>Sonnyさん、こんばんは。

ジェリ・アレンはおっしゃるとおりハンコックに近いアプローチをしますね。彼女自身の発言でハンコックついて一番研究した旨のコメントもあるようです。

実は近年の彼女の作品を聴いていなかったのでSonnyさんの云われる彼女のオリジナリティを体感すべく、購入してみようかと思います。(『Life of a Song』と『Timeless Portraits and Dreams』はどちらがオススメですか?)

今度の3月21日に『Some Aspects of Water』がリイシューで発売される予定のようですね。コレも聴いてないんだよなあ。
  1. 2007/01/07(日) 02:35:40 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

ぬどいさんもなかなか宵っ張りですね

こんばんは、早速ご質問にお答えを

えらそうに推薦するのもなんですが

ライブ録音である
リズム隊のディジョネット、ホランドとの相性
端的にピアノが味わえリトリオ作品である

と言う三点で
どちらかと問われれば『Life of a Song』と
言うことになると思います。

もう一作の方はボーカルありコーラスを配し
ということで彼女のアレンジャーとしての魅力を
感じるにはいいかと思います。

僭越ながらコメントさせていただきました。
  1. 2007/01/07(日) 03:24:03 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

大変参考になりました!

>>Sonnyさん、判り易くお伝え下さり有難うございました。

なるほど、確かにアレンジ物よりも本質を感じることが出来るトリオの作品が魅力的ですね。また、ライブは本領発揮できているかが見えやすいシチュエーションなので興味深いです。

J・ディジョネット&D・ホランドのリズムですか!早速発注をかけますね。

ご丁寧に教えて戴き感謝申し上げます。有難うございました。
  1. 2007/01/07(日) 20:58:22 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/80-77b2adb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。