イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#786 Five for Fun/High Five (Blue Note EMI Music Itary-CD)

High Five - Five for Fun

1.Five for Fun
2.Ojos de Rojo
3.Cosi Come Sei
4.Pandaguru
5.Happy Stroll
6.Estudio Misterioso
7.Inception
8.Evan's Even
9.Nino's Flowers
10.Naty

-High Five-

Fabrizio Bosso (tp,fl-h) Daniele Scannapieco (ts) Luca Mannutza (p)
Pietro Ciancaglini (double-b) Lorenzo Tucci (ds)

Rec-2008



いわゆる売り上げチャートなるもの一切に興味がなく、傍観者から見ればどちらかと云うとマイナーであるものを傾向として好んでいるフシのありそうな当方にとっても、このアルバムはなかなか楽しめるものでした。ジャズと云うジャンルの特性上セールスとしてはたかが知れていることは承知しているとは云え、そしてまたどの程度の年間順位なのかもハッキリとは判りませんが、このアルバムは実際のところ売れに売れたようで(EMIヨーロッパの)ブルーノートへの移籍も含めてハイ・ファイヴにとっては昨年は素晴らしい一年となったようです。殆どの場合ウェブでしかCDを買えない田舎住まいの当方ですが、なんでも店頭でもコーナーをつくって展開していたそうで力の入れようが判ります。それもそのはずで昨年末のブルーノート東京での来日の模様を収めた『Live for Fun』(Blue Note EMI Music Japan)が来月の2月18日にリリースされるようで、日本国内でもその勢いの凄さを感じさせます。どうやら8曲収録のようで、@タワーJPのサイトではいち早くジャケ写や曲目が確認出来ます。イタリアの伊達者らしく真っ赤なフェラーリに集う5人がイカしています。当方の場合は同時期に来日していたアーロン・パークスと天秤をかけて、結局観ることをしなかったハイ・ファイヴの演奏をCDで聴けるのは大変有難いことであるのですが、また実際に見ていたら感慨の大きさも違っていただろうにと未だに後悔してみたりと痛し痒しの状態です。

「クインテット」と云う冠もつけていた初期の頃からこの連中は洗練されていましたが、ここに来てさらにその感を強くする仕上がりになってきましたね。特に冒頭のタイトル曲などはその出来に唸らされるものがあります。ファーストの『Jazz for More... / High Five Quintet』セカンドの『Jazz Desire / High Five Quintet』(ともにVia Veneto Jazz)も好きで未だによく聴いていますが、最新作は荒削りな部分が殆どなく角が取れて丸くなったような感じがします。ただしインパクトのある曲を前半に続けて持ってきている為に、当方の場合は正直云えば多少のなかだるみを感じることも事実ではあるのですが。この作品はメンバーのオリジナルが中心になっていますが、シダー・ウォルトンやマッコイ・タイナーの曲も編み込んでおり、マッコイの7曲目はなかなかスリリングです。それにしてもファブリツィオ・ボッソとダニエル・スカナピエコのカッチリと纏まったアンサンブルは、このグループが5人のみであることを忘れさせるかのような厚みのある演奏を繰り広げています。ルカ・マヌッツァのピアノのグルーヴ感は独特の雰囲気を創り、ピエトロ・チャンカリーニとロレンツォ・トゥッチのリズム陣も演奏を巧みに鼓舞しています。

さすがにココまで盛り上がるとは予想もしていませんでしたが、この調子であればグループの継続はもちろんのこと、オリジナルの新譜としての次作のリリースも、そしてグループでの再来日も期待出来そうですね。ライブ盤が出る前からそんなことまで期待させてしまう連中なのです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/16(金) 21:58:05|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#787 Blues Holiday/Paul Serrano Quintet (Riverside) | ホーム | #785 Jazz Sur Seine/Barney Wilen - Milt Jackson (Philips)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/802-833279cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。