イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#788 Profile/Jeremy Pelt (Fresh Sound New Talent-CD)

Jeremy Pelt - Profile

1.Aesop's Fables
2.The Trivium
3.Mystique
4.Pieces of a Dream
5.A Song for You (Lovebird)
6.Jigsaw
7.We Share a Moon
8.You Won't Forget Me

Jeremy Pelt (tp) Jimmy Greene (ts→except4,8) Jaleel Shaw (as→only4)
Mike Moreno (g→only1) Robert Glasper (p) Gerald Cannon (b) Ralph Peterson (ds)

Rec-2001



メンバーを見た時に絶対に聴かなければならない使命感を勝手に抱き発注するも、ウェブでは軒並み取り扱い終了との回答で悶々としていましたが、昨年末に都内のショップで普通に新品で棚に入っていたので拍子抜けするとともに、思わず握りしめてしまったアルバムです。ところが最初聴いた時に、ちょっと違うなぁとなかなか馴染めなかったのです。メンバーとしては個人的に大好きなミュージシャンが勢揃いと云った様相で、まさに垂涎の眼差しで思い描いていたアルバムであっただけに、すぐには入り込めずそしてその理由も判らず何故なんだろうかとしばらくは首を傾げていたのですが、あれこれ考えずに繰り返し聴いているうちに徐々にコレに嵌ってきています。

ラストの8曲目以外をジェレミー・ペルトのオリジナルで固めています。基本的にはリーダーのペルトとテナーのジミー・グリーンの二管クインテットが中心になっており、曲によってジャリール・ショウのアルトが入ったり、マイク・モレノのギターが加わったりしています。耳心地のよい曲は殆どなく硬派なオリジナルが核になっており、辛口のサウンドがこのアルバムを支配しています。なかなか一発では理解出来ない楽曲であったことが自分自身の戸惑いに繋がっていたのかも知れません。

繰り返し聴いていてやはりただ事ではないと実感したのがラルフ・ピーターソンのドラム。何をそこまでと云わずにはいられないくらいに彼のドラムが主張していて、とてつもない存在感であることを思わされてしまいます。ひょっとするとあまりにも手数が多く、ド派手なドラミングであるので敬遠してしまう方がおられても不思議ではないような目立ちっぷりです。まぁ逆から見ればリズム好きにはこたえられない作品と云えるのかも知れません。ペルトのトランペットはエネルギーを抑制されながらも勝負どころではハチのひと刺し宜しく切れ込んできます。対するジミー・グリーンのテナーもまずまず健闘していて荒削りながらも勢いがあります。ここでのロバート・グラスパーはピアノのみに専念していますが流れるような旋律の捌き方には注意を惹き付けられます。但し2001年の録音ということもあって、現在見受けられる彼のカラーはココではそれほど色濃くは出ていないような気もします。

聴く回数を重ねるたびにこれはラルフ・ピーターソンのドラムを聴く作品であるとの認識を強くしています。それほど際立ったパフォーマンスを魅せており、彼のファンにとってはご馳走盤になることは間違いないようです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/21(水) 23:59:43|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#789 Bruno Hubert Trio Live @ The Cellar (Cellar Live-CD) | ホーム | #787 Blues Holiday/Paul Serrano Quintet (Riverside)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/804-84b114fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。