イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#808 In Our Lifetime/Dave Douglas (New World-CD)

Dave Douglas - In our Lifetime

1.In Our Lifetime
2.Three Little Monsters
3.Forward Flight
4.The Persistence of Memory
5.Out in the Cold
6.Strength and Sanity

-Four Miniatures After Booker Little-
7.Sappho
8.At Dawn
9.Shred
10.Rapid Ear Movement

11.Moods in Free Time
12.Bridges (for Tim Berne)

Dave Douglas (tp) Chris Speed (cl,ts) Marty Ehrlich (b-cl→only1)
Josh Roseman (tb) Uri Caine (p) James Genus (b) Joey Baron (ds)

Rec-1994



デイヴ・ダグラスの活動するフィールドやそのキャリアが幅広くて最初に何を聴いてみたらいいのか全くわかりませんでした。そんな訳で比較的手に入り易い最近の音源である作品を中心に数枚を聴いてみました。DL専用の音源だったライブ録音を2枚のCDにパッケージした『Live at the Jazz Standard』(Koch)やターンテーブルなどが加わったキーストン名義の『Moonshine』(Greenleaf)などです。アプローチの違うこれらの作品を興味深く聴いていましたが、思いがけずに入手することが出来たこのアルバムを聴いた時に彼の神髄はこちらの方にあるのではないかと思えてきました。いや、単に好みの問題なのかもしれないのですが、ストレートに迫ってくるこのセクステットは凛とした空気感を保っており、それこそターンテーブルやエレクトレックのなどのギミックを用いずにサウンドが直球で伝わってくることがとても嬉しいです。奇を衒って狙った感が一切ないところに潔さを感じます。

ブッカー・リトルに捧げられたと云うこのアルバムは、リトルの曲を3曲(3,6,11)、その他をデイヴ・ダグラスのオリジナルで固めています。影のある楽曲を中心に据えつつ緩急を織り交ぜながら突き進んでくる演奏にこちらのテンションも上がってきます。ダグラスの抜けのよいトランペットが冴え渡っていて、伸びが良く若干の憂いを持たせた音色には艶がありゾクゾクしてしまいます。少ない経験ながらも個人的にはエネルギッシュで革新的なアプローチをするイメージがあったクリス・スピードが、テナーでもクラリネットでも実にクールに絡んでいるのがちょっと意外で面白かったのですが、後半ではフリーキーなスタイルも交えダークでスリリングな展開に貢献しています。ジョシュア・ローズマンと云うトロンボーン奏者は当方にとっては初めてだったと思うのですがアンサンブルに秀でたプレイを魅せており、ふっくらとした音色が三管で程良くブレンドされてとても気持ちのいい調和をみせてくれます。フロントを際立たせるユリ・ケイン率いるリズム陣も素晴らしいですね。なかでもジョーイ・バロンのアグレッシヴさは群を抜いていて、複雑に交差して行く難解な楽曲を容易く鼓舞しており、シリアスさ漂う辛口のサウンドに強烈な合いの手を入れて行きます。

デイヴ・ダグラスにはこのセクステットで吹き込まれたアルバムがもう2枚あり、ウェイン・ショーターに捧げられた『Stargazer』(Arabesque)と、メリー・ルー・ウィリアムスに捧げられた『Soul on Soul』(RCA)と云う、この作品と同様のトリビュート作品ばかりが残されているようです。録音からそれなりの期間が経っており入手するのがなかなか難しそうな両盤ですが、この張りつめたような緊張感のある演奏であるならば是非とも探さなければならないと云う使命感に燃えています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/11(水) 23:47:49|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#809 Ancient Ritual/Sonny Simmons (Quest-CD) | ホーム | #807 High Definition/Joe Morris Bass Quartet (Hatology-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/821-5a620db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。