イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#804 Eje Thelin Quintet at the German Jazz Festival 1964 (Metronome-CD)

Eje Thelin - At the German Jazz Festival 1964

1.The Opener
2.It Ain't Neceaasrily so
3.Filmballad
4.I'm Old Fashoned
5.Gasoline, My Beloved
6.Marquese de Villamanga
7.What is This Thing Called Love ?

Eje Thelin (tb) Ulf Andersson (ts) Joel Vandroogenbroek (p,fl)
Roman Dylag (b) Rune Carlsson (ds)

Rec-1964



アナログ時代にジャズに熱中し、途中に十数年の中抜けがあって、近年ジャズを集中して聴くことが出来ていることを再三再四このブログで表明しています。そして、アナログ時代に探しまくっても見つけられなかった作品のCDが何気に大量にリリースされていて小躍りしていることも、最近インゲ・ブランデンブルグの『It's Alright With Me』(CBS Germany)のログの中で明かしました。これはヨーロッパ盤に於いて特に顕著で、約二十年くらい前のヨーロッパ盤の中古市場の値段は手頃でしたがタマ数が圧倒的に少なく殆ど見かけることがありませんでした。今ではネットの時代になり当時見つけられなかったレコードが検索すれば何気に見つかったりもします。一時の異常な値付けもそれなりにコナレてきているようですが、まぁ個人的にはまだまだ手の出るような価格ではありません。何よりもメディアに拘らなければかなりの作品をCDで聴くことが出来るので、オリジナルに執着しない当方にとっては願ったり叶ったりです。

今日取り上げるエイエ・テリンのこの盤も、ジャケットが改変されているとは云えスウェーデンのDragonレーベルからリイシューされていることを知り飛びつきました。聴いてみてから2年近くが経ちましたが、ラフで荒削りなサウンドがライブと云うこともあって活き活きと捉えられており、なかなか興奮出来る内容に満足したのでした。ちなみにオリジナルは下記のようなデザインになっていて、これを目印に当方は探していたのですが。

Eje Thelin - At the German Jazz Festival (Original)

一曲目からこの時代を色濃く反映したかのようなスリリングな展開にグッと力のこもる演奏になっています。トロンボーンと云う潜在的に牧歌的なサウンドをイメージさせる楽器をハードに操り、なかなか戦闘的なプレイは注意を惹き付けるに余りある威力を持っています。エイエ・テリンのトロンボーンの力強い捌きっぷりは一心不乱と云うよりも余裕を感じさせるプレイで、彼の懐の深さを感じさせる演奏です。サイドのメンバーはドラマーのルネ・カールソンぐらいしか知りませんでしたが、各自のパートで各々が見せ場を作っており、気合いの入ったモーダルなジャズや大らかに唱うリラックスしたナンバーを展開して嬉しくなります。イマイチな音質ながらもエネルギッシュで上質な演奏がそれを上回っており、ネガティブな要素を感じさせない真摯なジャズを展開してくれています。

今でこそ活きの良い新譜が沢山リリースされている状況を理解し、様々なスタイルのジャズに探りを入れることに没頭していますが、当方がジャズに戻ってきた当初の頃はこれらの垂涎だった旧譜に目移りして、あれもこれもと取り寄せていたのです。久しぶりにそういう思い入れのあった旧譜を聴くとその当時の熱が甦ってきます。ちなみにエイエ・テリンのこれまたレア音源の『1966 With Berney Wilen』や『Graz 1969』などが、このリイシュー盤と同様の統一されたデザインでDragonから発売されています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/07(土) 23:39:49|
  2. Trombone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#805 Gyroscope/The Gordon Beck Trio (Morgan-CD) | ホーム | #803 Roman Sun/John Harrison Trio (Whaling City Sound-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/822-8757c7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。