イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#816 Emotionally Available/Eli Degibri (Fresh Sound New Talent-CD)

Eli Degibri - Emotionally Available

1.Song for a Sad Movie
2.Big Fish
3.Like Someone in Love
4.Mika
5.Pum-Pum
6.Giant Steps
7.Wild Wild East
8.Mmmaya
9.Emotionally Available

Eli Degibri (ts,ss) Aaron Goldberg (p,el-p) Ben Street (b) Jeff Ballard (ds)
Ze Mauricio (pandeiro→only4)

Rec-2005



イスラエル出身のサックス奏者、エリ・デジブリの少し前のFSNT盤。彼は昨年ハモンド・オルガン入りサックス・トリオのライブ盤『Live at Louis 649』をAnzicからリリースしています。ライブ好きということと編成の妙もあって、スタジオ盤よりも荒々しいデジブリのテナーとともに面白く聴くことが出来ました。

自分がイスラエルのジャズ・ミュージシャンに惹かれるのは高い技術は勿論のこと、否が応でも滲み出てくる郷愁を誘うような旋律を拝むことが出来るのがとても大きいと思っています。ということは彼らの創るオリジナルやその土地のトラッドなどが作品に多く含まれていることが必要であり、それが自分の中で重要な要素にもなってきます。このアルバムは良く知られた3曲目や6曲目などが収録されているし、そういった要素はわりと希薄なのかも知れませんが、ほんのりと出自を感じさせるプレイは1曲目や4曲目などにやはり現れており嬉しくなってしまいます。それも彼の場合は相対的にソプラノを用いている時にエキスが多く分泌されているような感じがします。ただしこのアルバムに関してはそういった先入観にとらわれない方が素直に楽しめるような気もします。ストレートで気持ちのよいジャズが展開されていますので。

曲の髄を引き出すデジブリのサックスがよく記録されています。アドリブを執拗にカマしていくと云うよりも、メロディ・ラインがクッキリと明解且つ綺麗に現れていて原曲の良さを改めて実感させてくれるかのようなプレイです。テナーは軽やかで伸びがよくソプラノは艶があり個人的には琴線に触れる節回しが堪能出来ました。唸り声を上げながら気合いの入ったプレイを魅せる、2曲目のアーロン・ゴールドバーグのピアノもアグレッシヴで最高ですし、名手ベン・ストリートにジェフ・バラードのバック・アップも見事で、特に5曲目のドラムの爽快感は病み付きになります。

余談になりますが、イスラエルのミュージシャンと云えばベーシストのアヴィシャイ・コーエンの新譜『Aurora』が来月下旬ブルーノート(EMIフランス)から出るんですよねぇ。これはすんごく楽しみです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/19(木) 23:48:06|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#817 Sudden Joy/Magnus Broo Quartet (Dragon-CD) | ホーム | #815 The Image of Your Body/Myra Melford be Bread (Cryptogramophone-CD)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

エリ・デジブリ、良いですねえ。
彼の吹く極太サウンドがお気に入りです。

ではでは。
  1. 2009/04/23(木) 21:37:08 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

nanmo2さん、こんばんは。

おっ、お好きですか。なかなかタフなテナーを吹きますよね。個人的にはオルガンとの組み合わせの時に、その効果をより発揮していると思っています。

それにしても現在のジャズ界はイスラエル出身のアーティストの勢いが凄いですね。どうしても気になるので片っ端から試しまくっています(笑)。財布が軽い軽い(笑)。
  1. 2009/04/23(木) 23:17:23 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/833-738b1759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。