イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#825 Tony Monaco Live at the Orbit Room (Chicken Coup Records-CD)

Tony Monaco - Live at the Orbit Room

1.S'bout Time
2.Ode to Billie Joe
3.I'll Close My Eyes
4.Someday My Prince Will Come
5.Slow Down Sagg
6.S'bout Time (Edited for Radio)
7.Ode to Billie Joe (Edited for Radio)

Tony Monaco (hammond-B3-org) Ted Quinlan (g) Vito Rezza (ds)

Rec-2007



オルガン奏者の新譜や近作を色々と試していますが、最近のジャズ・オルガニストはどちらかと云うとシンプルでクールなサウンドが主流なのかなと思っていました。でも初めて聴いたトニー・モナコはあまりにもゴキゲンで、これぞオルガンと云ったサウンドに嬉しくなってしまいました。シツコイくらいにウネリまくるB3が暑苦しくで笑えてきます。

YouTubeでトニー・モナコを検索すると、"Burnin' B3 man"であるとか"Jazz Organ Monster"などと題目で形容されていて、映像に「炎」をダブらせて録られた演奏は最高でさらにウケまくってしまいました。彼のアルバムでも『Fiery Blues』(Summit Records)などは燃え上がる彼の顔のイラストが描かれていてインパクトは抜群で猛烈に気になってしまいます。よく見るとこのアルバムのジャケットも何とも言い様のないレイアウトがツボに入ってニヤけてしまいます。ワイルドで愛嬌のある実際の風貌もサウンドにマッチしていてイカしており、何とも憎めないキャラクターで一発でファンになってしまいました。いやぁ楽しい。でもモナコは体にハンディキャップを抱えているんですよねぇ。それを感じさせない爆発力のあるプレイは素晴らしいの一言です。

このライブ・アルバムでのモナコも大炎上です。エクスプロージョンしています。このグルーヴィーさは何なのでしょうか。いやぁ強烈。ブレイクにいちいち絶叫するところも笑えてきます。Wow!とかYeah!!とかの合いの手がこれほど似合うジャズもないのではないでしょうか。歪みまくり強烈にドライブするオルガンのサウンドが図太いベース・ラインとともに濃厚に放出されます。モナコのハモンドの音がグラインドしながら目の前に迫って来て最早逃れることは出来ません。呼応するギターがまた粘着質なサウンドでシツコさ倍増。ムンムンとした熱気に拍車をかけるアグレッシヴなドラムがまた派手なことこの上なく、ジャズを聴いているのに腹筋を破壊するほど笑い転げさせられてしまう凄い威力がありました。でもシットリと聴かせる3曲目なども最高なんだよなぁ。無条件に楽しめる一級のエンターテイメントです。

モナコはわりと頻繁に来日しているようで、昨年もパット・マルティーノのグループに来日同行していたんですよねぇ。行こうか迷っていただけに見逃していることが残念です。また何故か大阪の焼き鳥屋でも演奏したそうで、変なところで再びツボってしまう自分なのです。感涙でむせび泣いてしまうほどの強烈な体験でした。モナコ最高。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/02/28(土) 23:27:55|
  2. Organ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#826 Crazy! Baby/The Incredible Jimmy Smith (Blue Note) | ホーム | #824 Close to My Heart/Jeremy Pelt (Maxjazz-CD)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/04(月) 21:10:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

こんばんは。いつもコメント有難うございます。

トニー・モナコはもっと認知されるべきオルガニストだと思っています。こういった「ファイト一発」系のサウンドは、ジャズを「こ難しいもの」に奉りがちな人ほど敬遠するでしょうが、音楽は楽しんでナンボと考えている自分のような人間にとっては堪らない魅力があります。CD買われましたか(笑)、最高でしょ?

リンクの件は了解です。当方も今晩中にはやっておきますので宜しくお願い致します。
  1. 2009/05/04(月) 22:53:52 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

リンク御礼

ぬどいさん、おはようございます。

リンクの件、快諾してくださりありがとうございます。
早速、貼らしてもらいました。
今後ともどうぞよろしく!です。

ではでは。
  1. 2009/05/05(火) 07:04:44 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

どういたしまして。

nanmo2さん、こちらこそ宜しくです~。
  1. 2009/05/05(火) 18:44:25 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/841-d5f0f958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。