イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#829 On the Run - Live at the Velvet Lounge/Fred Anderson (Delmark-CD)

Fred Anderson - On the Run

1.Ladies in Love
2.On the Run
3.Smooth Velvet
4.Tatsu's Groove
5.Hamid's on Fire

Fred Anderson (ts) Tatsu Aoki 青木達幸 (b) Hamid Drake (ds)

Rec-2000



ベテランのサックス奏者、フレッド・アンダーソンのアルバムを初めて聴いてみた。なるほど彼はシカゴのプレイヤーだったんですね。地元のジャズ&ブルースのレーベルであるデルマークからのリリースは熱気溢れるサックス・トリオで、コレは自身が経営するハコでのライブ録音。シカゴ在住の日本人ベーシストであるタツ青木と、やはりシカゴの重鎮ドラマーのハミッド・ドレイクと云う強力な布陣で、録音時71歳と云う年齢ながらそんなことを微塵も感じさせないくらいに御大のブロウが強烈で、刺激的でイカした内容でした。

全5曲の内容は全てが3人のオリジナルで、1曲目のテナー・ソロが4分半ほどですがトリオで演奏される残りの4曲は全てが10分を超える長尺のナンバーになります。2曲目が16分、3,4曲目が19分前後と云うライブならではの熱いプレイが聴かれます。それにしてもタフガイ翁、フレッドのパワフルなテナーが艶っぽく響き興奮しまくりです。いやぁ素晴らしい。フリー・ジャズにカテゴライズされるミュージシャンでしょうが、この演奏からはいわゆるフリーキー・トーンであるとか解り易い特性を持った演奏ではなく、自由度は高いながらも至ってナチュラルにテナーを吹き鳴らしており、ゴツいリズムの上で踊りまくるかのようなフレッドのテナーは、湯水のように止めどなくフレーズが溢れ出してきてドップリとその世界に没入してしまいます。何せ彼の演奏を聴くのは初めてですので常にこのような演奏スタイルであるのかは判りませんが、必要以上にリキまず、でも矢継ぎばやに旋律が繰り出されるサマは聴いていて惹き込まれます。自分にとってはかなり好みのタイプの演奏です。

御大の活躍に負けじとリズム陣も強靭。各自のソロもタップリと執られており活き活きとした迫力のあるプレイは相互効果によって高みに達しています。特にハミッド・ドレイクのドラムのパワフルさは強烈で、ケツを蹴り上げるかのようなアッパービートが堪らなくノックアウトさせられます。青木のベースもゴツゴツとした質感が素晴らしく、ウネリを伴ってハミッドのドラムと絡み合いながら迫ってきます。

フレッド・アンダーソンはキャリアの割には地元以外で注目されたのが遅かったのだそうですが、やはりローカルで活動しているとそのようになってしまうのでしょうかね。そういう意味合いからなのかアルバムの数は近年のほうが多かったりするようです。この作品によって当方は俄然興味を持ち始めた状態です。以後色々と試してみようと思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/04(水) 23:59:45|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#830 Song Out of My Trees/Henry Threadgill (Black Saint-CD) | ホーム | #828 Sound of Feelings/Joachim Kuhn (BYG)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/845-fca8a797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。