イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#832 Encounters/Danny Grissett (Criss Cross Jazz-CD)

Danny Grissett - Encounters

1.Hopscotch
2.Waltz for Billy
3.A New Beginning
4.Encounters
5.Toy Tune
6.Sunrise
7.It Could Happen to You
8.Never Let Me Go
9.Git!

Danny Grissett (p) Vicente Archer (b) Kendrick Scott (ds)

Rec-2007



最近はフリー・ジャズに舵を切っている感のある当方ですが、もちろんメインストリームのジャズを蔑ろにするつもりはありません。ということで、このアルバムがなかなか良かったので来日中のダニー・グリセットを観に新宿ピット・インまではるばる行ってきました。ピット・インの夜の部を観ると確実に終電に間に合わないので昨晩は投宿です。関係ない話ですが布団を蹴っ飛ばしたようで今日は妙に熱っぽくボーっとしています。グリセットの今晩の公演先は甲府のKIPSというところでプレイしていたようですね。ちなみに東京では今度の14日(土)に南青山のBody & Soulでもう一度公演があるようですのでまだ観れるチャンスがありますよ。

そもそも今日取り上げたこのアルバムは昨年に新譜予約の形で注文していたのですが、いつまで経っても手元に来ずに落手するのが遅かったことを思い出しました。このレーベル(クリスクロス)はいつも入荷が遅くて往生させられるのですが、先月リリース扱いの初春の新譜4枚は、そのうちの3枚がすでに届いているので今回はまずまず予定通りと云ったところでしょうか。

このアルバムで初めてダニー・グリセットと云うピアニストを体験したのですが、この作品は彼のセカンド・アルバムで、デビュー作は同レーベルで2005年に録音された『Promise』と云う作品です。セカンドを聴いた感想としてはクールな肌触りが凛とした空気感を保っていて、テクニカルながらも派手さを感じさせず楽曲も自身のオリジナルを中心に据えており、甘さを極力排除した現代的なピアノ・トリオで二度三度と聴くごとに深みの増してくる滋味深い作品でした。

今回の来日メンバーはこの作品の主役とベーシストは一緒で、ドラマーにマーカス・ギルモアを加えたトリオでした。BQE Trio (Brooklyn Queens Expressway Trio)と銘打ってのグループです。グリセットはもちろんなのですが、2007年のロバート・グラスパーの来日ステージ以来のヴィセンテ・アーチャー体験が嬉しい。マーカス・ギルモアは御大ロイ・ヘインズのお孫さんだそうな。そして日本のトランペットの第一人者、原朋直さんを数曲ゲストに迎えての演奏でした。

スタンダード・ナンバーや自身のこの作品(5曲目や6曲目など)から、またフレディ・ハバードのトラックなども交えてタップリと満喫出来ました。CDを聴いた印象と劇的な変化はありませんでしたが、グリセットのピアノがかなりアグレッシヴに攻める場面もあって、それはなかなか連想させなかったことでしたのでかなり興味深く聴いていました。個人的にはヴィセンテのベース・ソロがタップリ堪能出来たことがとても良かったです。マーカスのドラムもなかなかスリリングで、原さんの鋭く切れ込むトランペットが入ると空気が一変します。若々しくてやはり凛としたキレのあるサウンドをタップリと浴びてくることが出来てとても有意義な空間でした。やっぱりライブは良いですね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/07(土) 23:58:33|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#833 Time Lines/Andrew Hill (Blue Note-CD) | ホーム | #831 The Far Side/Tony Reedus (Evidence-CD)>>

コメント

こちらにいらしてましたか~。
これは、ノー・チェックでした。
ですが、ロイ・ヘインズの孫とベーシストは他のライブで一度見たことがあります。
その時の印象は、ガツガツではなくて、聞き分けの良い感じでした。
本領を発揮するとどんな感じになるんですかね。
  1. 2009/03/08(日) 00:56:57 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

今年初のライブ鑑賞でした~。おのぼりさんをする時は色んな方面に調整しなければならないので叶わない事のほうが多いのですが、週末にかかったこともあってこのライブへ行くための上京が可能になりました。

おっ、このリズム・セクションを既にご覧になられているのですね!演る傾向のジャズによって変化をしていくでしょうが、自分の観たライブでもグリセットの作風からかそれほどガツガツと攻めるようなプレイではなかったですね。

>聞き分けの良い感じでした。

言い得て妙ですね(笑)。自分もこの連中のブチ切れたようなアグレッシヴなプレイも観てみたいですね。
  1. 2009/03/08(日) 01:31:12 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/847-e6229b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。