イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#833 Time Lines/Andrew Hill (Blue Note-CD)

Andrew Hill - Time Lines

1.Malachi
2.Time Lines
3.Ry Round 1
4.For Emilio
5.Whitsuntide
6.Smooth
7.Ry Round 2
8.Malachi (Solo Piano Version)

Andrew Hill (p) Greg Tardy (ts,cl,b-cl) Charles Tolliver (tp)
John Hebert (b) Eric McPherson (ds)

Rec-2005



アンドリュー・ヒルの未発表ものらしき音源が半年ほど前にリリースされていてそれがとても気になっています。それはチコ・ハミルトンとのデュオで1993年に録音された『Dreams Come True』(Joyous Shout)と云うアルバムなのですが、自分自身がこの時期のジャズ全体のムーヴメントに非常に疎い事と、個人的にあまり得意ではないチコ・ハミルトンが90年代の中頃にアンドリュー・ヒルとどのようなデュオを演っているのかにとても興味が湧いてきました。ヒルが1998年にフランスでソロ・ライブを行った時の音源『Les Trinitaires』(Jazz Friends Productions)を聴くことが出来たので、その比較のためにもさらに5年前のこのアルバムが聴いてみたくなったということもあります。そんなことを考えていたら以前から楽しんでいたこのアルバムが今日は無性に聴きたくなったというわけです。

2005年録音のこのアルバムは彼が亡くなられた約一年半ほど前に録音されたクインテットで、米ブルーノートからの復帰第一作としてリリースされた作品でした。自分はヒルの訃報とともにこの作品を取り寄せる形で接したのですが、その時に久しぶりに聴いたアンドリュー・ヒルは60年代に記録されているブルーノートの諸作よりも鋭い刃は影を潜めているものの、超然とした独自の世界は全く薄らぐ事なく屹立していたので嬉しくなったことを思い出します。この世界は真似しようのないヒルそのもののジャズであり、またその際立った個性ゆえに一般的にはなかなか浸透のしにくい世界でもあったことは想像に難くありません。でも一度その魅力に取り憑かれるとなかなか離れられず、媚薬のような常習性を含んでいることも彼の音楽の特徴ではないかと考えます。

コレを最初に聴いた時にも、その良さを実感しつつも到底一聴して内容を理解出来るようなジャズではないことはすぐに解りました。不規則に繰り出されるリードとトランペットのアンサンブルにヒルのピアノが加わると、まさに無敵の世界に引きずり込まれます。何とも形容のし難い温かさと冷たさが同居するその音楽に夢中になってしまいます。固い氷を溶かすつもりで繰り返し繰り返し身をまかせながら接して行くと、徐々に融解していくかのようにヒルの世界の輪郭が見えてくるようなそんな感覚。これがアンドリュー・ヒルと云うアーティストを聴く当方にとっての醍醐味となっています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/08(日) 23:59:10|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#834 Never More/Daniele Scannapieco (Via Vento Jazz-CD) | ホーム | #832 Encounters/Danny Grissett (Criss Cross Jazz-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/850-501af32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。