イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#837 2-3-4/Shelly Manne (Impulse)

Shelly Manne - 2-3-4

A
1.Take the "A" Train
2.The Sick of Us
3.Slowly

B
1.Lean on Me
2.Cherokee
3.Me and Some Drums

A-1,A-3,B-2

Shelly Manne (ds) Coleman Hawkins (ts) Hank Jones (p) George Duvivier (b)

A-2,B-1

Shelly Manne (ds) Eddie Costa (p→onlyB-1,vib→onlyA-2) George Duvivier (b)

B-3

Shelly Manne (ds) Coleman Hawkins (p,ts)

Rec-1962



思い出の一枚を久しぶりに聴いてみた。シェリー・マンの多様な編成が楽しめる画期的な作品。タイトルの『2-3-4』は恐らくデュオ、トリオ、カルテットと云う意味なのでしょう。良く知られているナンバーが多いですが、変化に富んだ6曲が収録されています。

昔々の大昔、当方が青二才の学生だった頃から既にジャズ好きでしたが、高校生の頃は当然経済的に自立していないので軍資金は少なく、当時の少ないバイト代をその頃から中古レコードを買うのに使っていました。この時期はジャズの本当の楽しさに目覚めたばかりだったので好奇心も特に旺盛で、ただし沢山レコードが買える訳では無いので専らラジオでジャズのエア・チェックをやっていました。個人的にはAMから流れるジャズが好きで当時はそれなりに番組があったのですが、TBSラジオで日曜深夜にやっていたお気に入りの番組の中でこのアルバムのA-3が流れていてショックを受けました。何とも濃厚で太いテナーが流れてきて、首筋がゾワゾワっとして逆毛立ったことを覚えています。その後に知ったのですがムード・テナーかと思わせるくらいに淫靡に響かせるテナーの主はコールマン・ホーキンス。ホーキンスはジャズ好きの親戚の叔父から既に刷り込まれていましたが、このトラックの印象は認識していた感覚とは少し違ったのでビックリしたのです。このアルバムに入っていることを突き止めすぐに買いに行きました。

聴いてみるとそのトラックとB-2のホーキンスが濃厚で、他で聴かれる2曲ではそれほどの淫靡さには感じられませんでした。そのくらいそこでのホーキンスはネットリとテナーを吹き上げています。かなり斬新な導入から始まるカルテットのA-1は、この曲の概念を変えてくれる面白さを実感します。そういう意味ではB-2もなかなか新鮮です。A-2はエディ・コスタのヴァイヴ+リズムと云うトリオ。B-1はピアノ・トリオ。B-2はカルテットでの演奏。B-3はマンのドラムとホーキンスのピアノ&テナーのデュオと云うちょっと珍しいパターンにも挑んでいます。ホーキンスのピアノはコレ以外の作品でも聴けるのでしょうかね。シェリー・マンは派手さはないものの非常に小気味良く、軽やかに演出してくれるドラマーで、ジョージ・デュヴィヴィエのベースは各トラックで旨味が抽出されています。ハンク・ジョーンズはやっぱり綺麗なピアノを弾きますね。

最近は新譜を含め比較的録音の新しいCD中心で聴いていますが、昔から馴染んでいる作品をたまに取り出して聴いてみるのもいいものですね。何せ既にシッカリと記憶に刷り込まれているのでホッとすると同時に、メロディが口について出てきてしまいます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/12(木) 23:56:05|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#838 Thelma Gracen (EmArcy) | ホーム | #836 Constellations/Dave Douglas' Tiny Bell Trio (hatology-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/853-c169afa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。