イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#843 Rufus/John Tchicai, Archie Shepp (Fontana)

John Tchicai - Rufus

A
1.Rufus (Swung, His Face at Last to the Wind, Then His Neck Snapped)
2.Nettus

B
1.Hoppin'
2.For Helved
3.Funeral

John Tchicai (as) Archie Shepp (ts) Don Moore (b) J.C. Moses (ds)

Rec-1963



昔から何でも聴いてやろう精神でレコードを買っていたので、モダンのようなオーソドックスなものはもちろんのこと、当然このアルバムのようなフリーもかなり買いました。物心つく前から刷り込まれていたディキシーやスウィングを並行しながら物色しつつ、ヴォーカルの華やかさにも興味を持って首を突っ込む始末。ビッグバンドの迫力にも開眼し、当方のショボイ装置を前に体を揺する日々を送っていました。でもやっぱりフリーのハードルは高かった。なかなか受け入れる態勢が整わず、レコードは増えるもののシッカリと通して聴けた作品はそれほど多くありませんでした。その殆どのケースは聴きどころと云うものが掴めずに右往左往する状態で、取り敢えずなんとなーく流し聴きしていたというのが本音でしょうか。この作品も20年以上前の学生時代に購入したものですが、その良さが理解出来ずに長い間放置していたような状態です。で、半年ほど前からフリー・ジャズを改めて意識的に聴くようになって、その多様な表現方法を吸収し楽しんでいる最中の今こそ、このアルバムの再評価をしてみたくなりました。まぁ当方は評価を下せるようなタマではありませんが。

ジョン・チカイと云う人はデンマーク生まれなんですね。このアルバムを聴き直すまで全く解っていませんでした。そして以前は近寄り難かったこの作品も何事も無く受け入れることが出来ました。かなり迫力がありノイジーだと思っていた印象は、今聴いてみると全くそんなことはなくて単なる先入観であったことが解ります。寧ろA-1などはスピーディでスリリングなリズムの上でチカイのアルトとシェップのテナーが会話をしているような、そんな感覚で聴けました。それはそれでシェップやチカイの訴えようとしている精神性と相反しているようでなんとも心許ないですが、近年のフリー・インプロでの強烈な咆哮を連日浴び続けていると、このサウンドが秩序立った音に聴こえてくるから不思議です。無論、このアルバムがスリルに欠けると言うつもりは毛頭なくて、ドッシリと据わったドン・ムーアのベースとJ.C.モーゼスのドラムが解り易い骨格を形成していることが功を奏しており、縦横無尽のチカイのアルトと味のあるシェップの節回しが活きています。

チカイもシェップもシッカリ健在。両者とも精力的に活動しているようですので、最近の音源を是非とも試してみたくなりました。ディスコを見て興味津々なのですが、サンプラーやハープシコードと共演するジョン・チカイの想像がなかなか出来ません。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/18(水) 23:56:42|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#844 On My Way Back Home/Daisuke Abe (Nagel Heyer-CD) | ホーム | #842 3.a.m./Georges Arvanitas Trio (Pretoria)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/860-0b9154fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。