イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#850 The Reclamation Project/Ralph Peterson Fo'tet (Evidence-CD)

Ralph Peterson - The Reclamation Project

1.Further Fo
2.Song of Serenity
3.Long Journey Home
4.Insanity
5.Bottom
6.Turn it Over
7.Just for Today
8.Acceptance
9.For All My Tomorrow
10.Keep it Simple

Ralph Peterson (ds) Steve Wilson (ss) Bryan Carrott (vib,marimba)
Belden Bulloch (b)

Rec-1994



ラルフ・ピーターソンのフォテットは一般的にどのように評価されているのか気になるところです。やはり実験的なセットであり演奏されているジャズに対しても異質なものとして映るのでしょうか。自分はこの組み合わせが大好きで今さらながらかなり嵌り込んでいます。ピーターソンの全作品はもちろんのこと、フォテットに関してもまだまだ全てをフォローしきれていないのですが、このアルバムなどは当方の凡なる感性をビンビンに刺激してくれる魅力的なアルバムです。

全てがピーターソンのペンに依るもので、緩急の付いた個性的な楽曲が並んでいます。1曲目のブライアン・キャロットのヴァイヴでのリフの連打を聴くにつけ早くも興奮度は既に最高潮に高まります。続いて現れるベルデン・ブロックの強靭なベースと突進してくるピーターソンのドラム、これらが相まって疾走し出すと恍惚感すら漂ってきます。そしてスティーヴ・ウィルソンのソプラノが独特の世界を描き耳に憑いて離れません。

このグループは、ダイナミックなピーターソンのドラミングが満喫出来るのはもちろんのことなのですが、個人的にはスティーヴ・キャロットのヴァイヴ&マリンバが強烈で、それこそこの音楽を支配するかのような圧倒的な存在感が気に入っています。考えてみればヴァイヴのような楽器をこのようにアグレッシヴに鳴らす奏者をそれほど知らず、彼のパワフルな奏法には惹き付けられてしまいます。そういう意味ではフロントに陣取っているはずのスティーヴ・ウィルソンのソプラノを食ってしまうような活躍でもあると思われ、キャロットのヴァイヴは当方にとって実に興味深い対象として刻み込まれました。ピーターソンは言わずもがな、完璧に彼の資質が発揮された怒濤の攻撃をお見舞いしてくれます。手数の多さや音の派手さは一級品で、逆にそれが苦手な人もいるのかもしれませんが、ドラムと云う楽器に強靭さや豪快さを求める方にとってはこの上ない至福のビートであることは間違いないのではないでしょうか。シンプルなセットであることも影響しているのか、ベーシストのベルデン・ブロックの健闘も光っています。ピーターソンのドラムに十分に張り合っており、実にいいベーシストだと感じました。

フォテットの中でもこのアルバムはメロディの良い印象的なナンバーが並んでいると個人的には思っています。このグループの全てのアルバムを是非とも聴きたいのですが、既に手に入りにくいものが数多くあって、ハンターとしての自分の嗅覚を試されることになりそうです。何とか頑張ってみます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/03/25(水) 23:59:35|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#851 Guitars/McCoy Tyner (Half Note-CD) | ホーム | #849 O Novo Som/Meirelles e os Copa 5 (Philips)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/867-146be6e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。